水族館劇場『Noir 永遠の夜の彼方に』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

水族館劇場

『Noir 永遠の夜の彼方に』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年5月23日(金)〜6月9日(月)
会場 駒込大観音特設蜃気楼劇場黒の牙城
〒113-0023 東京都文京区向丘2丁目38番22号
PR・解説 ごらん、海と闇とがひとつに溶けている。永遠にたどりつくことのない流民の国から、黒い天使たちの口笛がきこえる。大観音に還った水族館が、
終末すら過ぎ去った時代の闇奥から燃えるつぶてをなげつける。忘れられた海底炭鉱の坑道を、錆びついたトロッコが縦横無尽に走り抜ける!
誰かを呼んでいるまぼろしが死者の都を鐵の牙城へとかえてゆく!
ストーリー いつでもないいつか。どこでもないどこか。錆びついた港のはずれ。朽ち果てた鐡の軌条が海に向かってのびている。かつて栄えた石炭の積み出し湾。世間にはじきだされ、行き場をうしなった者たちが流れつく街。ふりつもった遠い時間の記憶がわすれられた悲しみを紡ぎだす。海の底に眠る燃える石。鎖につながれた異族たちが黒いダイヤを掘り出すために連行された。だれのためでもない無念のうた。近代の古層に踏みしかれた乙女たちの怨みうたが、強制労務のきしみにこぼれおちる。果てのないねむりから目覚めたように、死者からのの手紙が海に流れる。うけとるものはこの国にいるか。棄てられたトロッコにのって、いま冥府下りの漂流が始った。
スタッフ 作演出=桃山邑
キャスト 千代次/風兄宇内/姫草ユリ/上山薫/増田千珠/絲月繭/杉浦康博/赫十牙/臼井星絢/淺野雅英/橋明歩/鈴木都/高坂明宏/原口勇希/高柳亮佑/津田三朗/山谷玉三郎/桃山邑
お問い合わせ 水族館劇場
090-6527-9740 / 080-6565-5288
info@suizokukangekijou.com

入場料金

前売3,500円/当日4,000円/中高生2,500円(全席自由・税込)

入場整理券は全公演、毎夕5時より当日・前売の区別なく配付します。

チケット発売窓口

水族館劇場 090-6527-9740

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:384-876

公演日程

2008年5月23日(金) 〜 6月9日(月)

上演時間 150分

2008年5月

18 19 20 21 22 23
  • 19:00
  •  
  •  
24
  • 19:00
  •  
  •  
25
  • 19:00
  •  
  •  
26 27 28 29 30
  • 19:00
  •  
  •  
31
  • 19:00
  •  
  •  

2008年6月

1
  • 19:00
  •  
  •  
2 3 4 5
  • 19:00
  •  
  •  
6
  • 19:00
  •  
  •  
7
  • 19:00
  •  
  •  
8
  • 19:00
  •  
  •  
9
  • 19:00
  •  
  •  
10 11 12 13 14

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8846

トラックバック一覧