弾丸MAMAER『吾はイモなりイモなり』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

弾丸MAMAER

『吾はイモなりイモなり』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年4月10日(木)〜4月13日(日)
会場 シアタートラム
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1
PR・解説 自由に仕事を選べず、夢も儚かった戦時下の若者の悲劇を、いまや自由を勝ち取った我々は、どう受け止めていくべきか。当時貧農が抱いたあらゆる不安を、シリアスと喜劇の両面をもって描く。
果たして、美徳か悪徳か。
貧しい生活に隙間見た、「常人」と「非常人」のふたつの生き方―
2005年上演『昭和スキャンティ』以来、三年ぶりのシアタートラム公演!
弾丸MAMAERが織り成す、騒乱の「昭和シリーズ」最新作!!

男も戦争、
女も戦争じゃけんー
ストーリー 戦争の影響が色濃い昭和10年代、広島。
渓谷深まる山間部の平和境にある、とある小さな村。
娯楽乏しく貧しき農村に埋もれる、「発明家エジソン」を慕った秀才青年の儚き希望。
そんな彼がある晩覗き見たものは、「色欲」と「奇異」で彩られた村民たちの真の姿であった。
軍国主義の風潮にならわず、強靭な夢を抱く青年に降りかかる、酷薄世間の白眼視。
「常民」の影に隠された、「非常」な伝統に溺れる村の滑稽な実態。
理不尽にも村民から疎外され、憎悪の念に支配された異端青年の目論む、生きんがための復讐劇とは―
スタッフ 作・演出=竹重洋平/美術=佐藤朋有子/照明=中山仁/音響=宮崎裕之(Predawn)/衣装=阿部美千代((株)MIHYプロデュース)/宣伝美術=村上律子/宣伝・舞台写真=momoyo/舞台監督=山田和彦/企画・制作=弾丸MAMAER事務局/水橋千佳子(制作部)
キャスト 中村哲人/川根有子/山口晶由/小林広実(有限会社J-beans)/河合伸之/田仲晶/たかくら未奈/安藤純/染谷恵子/宮下千恵/高橋カオリ/千葉いづみ/川崎清美/望月柊成(有限会社J-beans)/日向宏之(吉江企画)
お問い合わせ 弾丸MAMAER事務局
080-5377-7789
info@dangan-mamaer.gogo.tc
弾丸MAMAER公式サイト
チケット専用電話
080-6799-3555
dangan-ticket@ezweb.ne.jp

入場料金

前売り3,500円/当日3,800円/グループ3,200円(全席指定・税込)

3名様以上グループ割引※劇団扱いのみ

チケット発売窓口

弾丸MAMAER 080-6799-3555

チケット販売サイトへ

世田谷パブリックシアター 03-5432-1515

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:384-667
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2008年4月10日(木) 〜 4月13日(日)

2008年4月

6 7 8 9 10
  •  
  • 19:00
  •  
11
  • 14:00☆
  • 19:00
  •  
12
  • 14:00
  • 19:00
  •  
13
  • 13:00
  • 17:00
  •  
14 15 16 17 18 19
☆:お一人様、前売り3200円でご覧になれます。
(グループ割引は適用されません)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=8911

トラックバック一覧