劇団民藝『プライス』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団民藝

『プライス』―代償―

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年6月25日(水)〜7月7日(月)
会場 紀伊國屋サザンシアター
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
PR・解説 20世紀演劇の巨星アーサー・ミラー。「時代の良心」といわれ現代演劇の創造に大きな影響を与えました。劇団民藝は戦後いちはやくミラー戯曲を上演。『セールスマンの死』『るつぼ』『みんな我が子』など代表作のほとんどを日本に紹介していますが、『プライス』は珍しく日本では未上演です。1968年、ニューヨークで初演。アパートの一室。散乱したがらくた家具の売却をとおして、愛や信頼に支えられた世界のありようを描いています。本邦初演。このたびの舞台化で、新たなアーサー・ミラー再発見をめざします。
ストーリー 株価の大暴落で父親が破産。兄ウォルター(三浦 威)は家を出て外科医となって大成するが、弟ビクター(西川 明)は崩壊する家を守り、安給料の警察官として平凡な生活に甘んじてきた。家族愛に支えられ廃人同然の父を介護してきたのだが、妻エスター(河野しずか)は一人息子が家を出てからは飲酒に耽るようになっていた。父親の死後、遺産の処分のため兄弟が16年ぶりに再会する。古い家具を値踏みする古物商ソロモン(里居正美)。過去の思い出の品々が、かつての怒りや不満をかきたてる。成功した兄も、妻や子供と別れ家族離散の日々を送っていた。人生の勝ち敗けとは何か。払ってきた代償をめぐって意外な真実が明らかになる……。
スタッフ 作=アーサー・ミラー/訳=倉橋 健/演出=兒玉庸策/装置=島 次郎/照明=前田照夫/衣裳=前田文子/効果=岩田直行/舞台監督=武田弘一郎
キャスト 里居正美/三浦 威/西川 明/河野しずか
お問い合わせ 劇団民藝
044-987-7711
seisaku@gekidanmingei.co.jp
劇団民藝

チケット発売日

2008年5月8日(木)

入場料金

一般6,300円/HALF PRICE TICKET3,150円/学生割引3,150円/NIGHT TICKET4,000円(全席指定・税込)

HALF PRICE TICKET:最後列・劇団のみ取り扱い
学生割引:劇団のみ取り扱い
NIGHT TICKET:夜公演、枚数限定、劇団のみ取り扱い

チケット発売窓口

劇団民藝 044-987-7711

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:384-786
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:39656
e+(イープラス)
eplus.jp
キノチケットカウンター 新宿東口・紀伊國屋書店本店5階
店頭販売のみ(10時〜18時30分)

公演日程

2008年6月25日(水) 〜 7月7日(月)

2008年6月

22 23 24 25
  •  
  • 18:30
  •  
26
  •  
  • 18:30
  •  
27
  • 13:30
  •  
  •  
28
  • 13:30
  •  
  •  
29
  • 13:30
  •  
  •  
30
  •  
  • 18:30
  •  
         

2008年7月

    1
  • 13:30
  •  
  •  
2
  • 13:30
  •  
  •  
3
  • 13:30
  •  
  •  
4
  •  
  • 18:30
  •  
5
  • 13:30
  •  
  •  
6
  • 13:30
  •  
  •  
7
  • 13:30
  •  
  •  
8 9 10 11 12

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9057

トラックバック一覧