世田谷パブリックシアター『火の顔』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

世田谷パブリックシアター

ベルリン・シャウビューネ劇場2作品連続上演

『火の顔』Feuergesicht/Fireface

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年6月24日(金)〜6月26日(日)
会場 世田谷パブリックシアター
〒154-0012 東京都世田谷区太子堂4-1-1
PR・解説 世界は火から生まれ、また火へと戻っていく…これは僕の誕生の物語

思春期の少年クルトのひりひりとした焦燥感、姉への思慕、その恋人への嫉妬、そして両親への反抗。少年期独特の感情のまっただ中で、出口を見つけようとするクルトの物語が、スピード感あふれる演出、ミニマルな美術、センスのよい照明で、見事に表現されていきます。
「……世界とそのすべての出来事の審判は、火によっておこなわれる。火は理性をもち、すべてを支配する。火は現れて、すべてをつかみ、裁く。僕は火に身を任せよう……」
家族や思春期の暗部を見つめる作家マイエンブルクの眼差しは、マーティン・マクドナーやサラ・ケインにも通じる、鋭い洞察力に満ちています。
ストーリー どこにでもありそうな典型的な現代の家庭。父と母、姉と弟。―弟クルトは、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスの本を愛読し、爆弾作りに興味を持つ思春期の少年。姉オルガは性に目覚め、オートバイに乗った青年に恋をする。両親は思春期の二人の子供たちに精一杯の理解を示そうとするが、なかなかコミュニケーションがとれない。そしてこの家に、オルガのボーイフレンドが現れた時、家族の間に、不気味な亀裂が生じはじめる。
スタッフ 作=マリウス・フォン・マイエンブルク/演出=トーマス・オスターマイアー/美術=ルーフス・ディドヴィシュス/衣裳=アルムート・エッピンガー/音楽=イェルク・ゴラシュ ほか
お問い合わせ 世田谷パブリックシアター
03-5432-1526
世田谷パブリックシアター

チケット発売日

2005年4月17日(日)

入場料金

A席5,000円/B席3,000円/ジャーマン(G)シート(舞台に近く字幕が見えづらい席)4,500円/学割※4,000円/SePT倶楽部会員4,500円/『ノラ』『火の顔』A席通し券7,500円/『ノラ』『火の顔』B席通し券5,000円/『ノラ』『火の顔』ジャーマン(G)シート通し券7,000円/『ノラ』『火の顔』学生ペア通し券(A席を2人で2演目)10,000円(全席指定・税込)

※くりっくチケットセンターで前売のみ取り扱い、要学生証
・未就学児童の入場不可
・SePT倶楽部会員割引はくりっくチケットセンター、チケットぴあで前売のみ取り扱い
・『ノラ』『火の顔』通し券は、くりっくチケットセンターで前売のみ取り扱い
・車椅子スペースあり、要問い合わせ(くりっくチケットセンター)

チケット発売窓口

くりっくチケットセンター 03-5432-1515
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:360-622
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-063-003 Lコード:37909
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2005年6月24日(金) 〜 6月26日(日)

2005年6月

19 20 21 22 23 24
  •  
  •  
  • 19:00
25
  •  
  • 14:00◎
  •  
26
  •  
  • 14:00
  •  
27 28 29 30    
・ドイツ語上演 日本語字幕付
◎ポストトークあり
・託児サービスあり、要予約(TEL.03-5432-1530)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=906

トラックバック一覧