世田谷パブリックシアター『ノラ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

世田谷パブリックシアター

ベルリン・シャウビューネ劇場2作品連続上演

『ノラ』―人形の家より

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年6月17日(金)〜6月21日(火)
会場 世田谷パブリックシアター
〒154-0012 東京都世田谷区太子堂4-1-1
PR・解説 官能と情熱のノラ。
オスターマイアーが描く21世紀の『人形の家』

『ノラ』の原作は、イプセンの名作『人形の家』。「ノラ」は自我に目覚めた女性の代名詞として知られ、100年以上経った今も、世界中で上演され続けています。オスターマイアー演出の『ノラ』は、19世紀のブルジョア階級を現代のビジネス・エリート・クラスの家族に置き換え、最愛の人の愛が信じられなくなった瞬間、愛を失った人間はどうするのかに焦点をあてて、全く新しいノラ像を作り上げました。
アンナ・ティスマー演じるノラは、従来のノラ像を完全にくつがえす、情熱あふれる官能的な女性。最愛の人への愛が揺らいだ瞬間、現代のノラは、原作にはない衝撃的な結末を迎えます。2003年、ベルリンでの初演、全世界をツアー中。ジェット・コースターのような疾走感で描く、オスターマイアー版『ノラ』。待望の日本公演です。
ストーリー 目を見張るような豪華なリビングルーム。まもなく銀行の頭取になる夫ヘルメルを仕事に送り出し、ノラはクリスマスツリーの飾りつけにとりかかる。そこへ、夫の部下クロクスタが訪れて、自分を首にしないよう、とりついでほしいと懇願。かつてノラは、夫に黙ってその男から借金をし、しかも借用書に偽の署名をしていたのだ。それが世間に知られれば夫が失墜するだけでなく、夫の愛も失ってしまう。不安と絶望がノラを襲い、そしてクリスマスの夜、誰も想像しなかった事件が…。
スタッフ 原作=イプセン(「人形の家」)/演出=トーマス・オスターマイアー/美術=ヤン・パッペルバウム/衣裳=アルムート・エッピンガー/音楽=ラルス・アイディンガー ほか
お問い合わせ 世田谷パブリックシアター
03-5432-1526
世田谷パブリックシアター

チケット発売日

2005年4月17日(日)

入場料金

A席5,000円/B席3,000円/ジャーマン(G)シート(舞台に近く字幕が見えづらい席)4,500円/学割※4,000円/SePT倶楽部会員4,500円/『ノラ』『火の顔』A席通し券7,500円/『ノラ』『火の顔』B席通し券5,000円/『ノラ』『火の顔』ジャーマン(G)シート通し券7,000円/『ノラ』『火の顔』学生ペア通し券(A席を2人で2演目)10,000円(全席指定・税込)

※くりっくチケットセンターで前売のみ取り扱い、要学生証
・未就学児童の入場不可
・SePT倶楽部会員割引はくりっくチケットセンター、チケットぴあで前売のみ取り扱い
・『ノラ』『火の顔』通し券は、くりっくチケットセンターで前売のみ取り扱い
・車椅子スペースあり、要問い合わせ(くりっくチケットセンター)

チケット発売窓口

くりっくチケットセンター 03-5432-1515
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:360-622
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-063-003 Lコード:37909
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2005年6月17日(金) 〜 6月21日(火)

2005年6月

12 13 14 15 16 17
  •  
  •  
  • 19:00
18
  •  
  • 14:00◎
  •  
19
  •  
  • 14:00
  •  
20
  •  
  •  
  • 19:00◎
21
  •  
  •  
  • 19:00
22 23 24 25
・ドイツ語上演 日本語字幕付
◎ポストトークあり
・託児サービスあり、要予約(TEL.03-5432-1530)

■『ノラ』松本公演⇒6月30日(木)・7月1日(金)@まつもと市民芸術館 問:0263−33−3800

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=909

トラックバック一覧