オフィスSHIMA『終りに見た街』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

オフィスSHIMA

オフィスSHIMAプロデュース

『終りに見た街』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年6月12日(木)〜6月15日(日)
会場 シアターグリーン
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-20-4
PR・解説 今回は23年前に一度上演された作品の再演となる。新たに作品を再構築するにあたり、注目するのは子供達の心情だ。太一たちが空襲の犠牲者を減らすことに懸命になる一方で、子供たちは勤労動員で働く10代の若者たちが一丸となっている姿に圧倒され、徐々に自分たちの価値観を疑り始める。彼らの心はどこに行き着くのか。また、当時の国民達のエネルギーを身体表現を用いたアンサンブルで表現することで、戦時中の秩序と無秩序、盲目な集団心理が導く狂気を描き出したいと考えている。
ストーリー 太一は或る朝、飼い犬の異様な唸り声で眼が覚める。庭に出て、昨日までと全く違う景色に驚く。妻と二人の子供もその異変に戸惑う。周辺の様子から自分たちが昭和 19 年にタイムスリップしている事に気がついた彼らは、現代に戻る術の無いことを悟り、終戦まで生き残る決意をする。しかし、身を隠しての生活は明日をも知れないものだった。この戦争の結末を知る太一たちは、せめて東京大空襲の犠牲者が少しでも減らせないものかと奮闘する。勝利を疑わない国民たちは逆に太一たちを追い詰める。更に、子供たちは知らなかった世界を体験する中、国民の強い連帯感に圧倒されていく。そして太一たち家族は、3月10日を迎える…
スタッフ 脚色(初演時)=大杉 祐/演出(脚本改訂)=前嶋のの/音楽=伊澤啓太郎(あっぱvo.)/舞台監督=小林潤史/舞台美術=中根聡子/照明=千田 実(CHIDA OFFICE)/音響=高橋秀雄(Sound Cube)/宣伝美術=Nono-type/制作=増坂由夏/企画・制作=オフィスSHIMA
キャスト 嶋隆静/花房徹/松永麻里(スターダス・21/The 30’s)/福寿奈央(スターダス・21)/井川祐輔/宮内佑康/小笠原大/伊藤ゆきえ(オフィストーク)/川口京祐/工藤清美/渋沢やこ(京楽座)/千葉綾乃(木山事務所)
お問い合わせ 制作・増坂
080-3580-3103
owari_machi2008@yahoo.co.jp
オフィスSHIMA

チケット発売日

2008年4月14日(月)

入場料金

一般3,500円/学生1,500円/当日(一般)3,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

オフィスSHIMA 080-3580-3103

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年6月12日(木) 〜 6月15日(日)

2008年6月

8 9 10 11 12
  • 19:00
  •  
  •  
13
  • 19:00
  •  
  •  
14
  • 14:00
  • 19:00
  •  
15
  • 13:30
  • 18:00
  •  
16 17 18 19 20 21
開場は開演の30分まです。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9148

トラックバック一覧