げんこつ団『スウィッチングダンパー』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

げんこつ団

『スウィッチングダンパー』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年5月22日(木)〜5月25日(日)
会場 駅前劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8
PR・解説 ■シュール&ブラック&風刺&ナンセンス!
極上の馬鹿馬鹿しさの詰め込まれた贅沢な時間をどうぞ。

■その登場人物らは、その日常を、真面目に懸命に生きる。
しかしその世界やその固定概念が、歪んでいたり狂っていたり。
その度合いは、半端なし。その度合いは、容赦なし。
あれよあれよと展開する数々のシーンの中で、
人々はそれに翻弄され、流されていく。
色々な思いはあれど、様々な物語はあれど、
やがて行き着く先には、さて、
何があるのか、それとも、ないのか。
げんこつ団は、現代社会を写す鏡か、
はたまた、ただの、馬鹿喜劇か。

■げんこつ団とは、1991年より、
映像を交えた独自の喜劇を作り続けている喜劇団。
構成人員は女性のみ。しかし所見ではそれに気付かない事も。
何故か。何故なら出演者は巧妙に次々に、老若男女を演じ分ける。
その潔い姿は男前。また実際にもハンサム揃い。

■舞台は簡素。しかし見所多し。
・入れ代わり立ち代わりする数多くのシーン
・早変わりにより老若男女を演じ分ける魅力的な役者達
・馬鹿馬鹿しくもクオリティの高い映像、
・それらが交差し連鎖に繋がっていく展開
・開演と閉演を告げ、幕間を繋ぐ、オリジナル曲
ストーリー ◎ある一つのビル内の出来事が、縦横無尽に交差する!◎
スタッフ 作・演出・映像・音響=吉田衣里/演出・振付=植木早苗/照明=池田圭子/協力=オフィスチャープ/制作=げんこつ団事務所
キャスト 植木早苗/春原久子/大庭智子/大場靖子/河野美菜/望月文/加島愛(ハラホロシャングリラ)/松本雅子/神奈美衣/津波恵/吉田衣里
お問い合わせ げんこつ団事務所
03-6759-3740
office@genkotu-dan.com
げんこつ団HP

入場料金

自由席3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

げんこつ団事務所 03-6759-3740
げんこつ団事務所では、
特別チケットのみをお取扱いしています。
(ペアチケット・回数券)
詳しくは、げんこつ団HPまで!!

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:385-629
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2008年5月22日(木) 〜 5月25日(日)

2008年5月

18 19 20 21 22
  •  
  • 19:00
  •  
23
  •  
  • 19:00
  •  
24
  • 14:00
  • 19:00
  •  
25
  • 14:00
  • 19:00
  •  
26 27 28 29 30 31

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9150

トラックバック一覧