演劇集団円『死の舞踏』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

演劇集団円

『死の舞踏』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年7月17日(木)〜7月31日(木)
会場 ステージ円
〒111-0035 東京都台東区西浅草1-2-3田原町センタービル5F
PR・解説 「令嬢ジュリー」で知られるスウェーデンの作家ストリンドベリの滑稽なまでに峻烈で濃密な世界。悲劇と喜劇がもつれ合う男女の結婚生活をあからさまに切り裂いた「死の舞踏」を、橋爪功、高林由紀子、藤田宗久といったヴェテラン俳優のキャスティングにより上演。
ストーリー 「小地獄」と呼ばれている孤島で暮らしているのは、退役間近の砲兵隊大尉エドガーとその妻アリス。二人は銀婚式を間近に控えている。常に死の恐怖に苛まれて生きているエドガーに残されているのはアリスの愛だけなのか?
うだつの上がらない人生への不満を妻にぶつけるエドガー。結婚を機に女優をやめさせられたことを咎め続けるアリス。二人は毎日、まるでゲームのように心底憎み合い喧嘩をするかと思えば、また仲良くなる。この冷め切った家に、アメリカ帰りのアリスの従弟クルトが15年ぶりにやってくる。この島の検疫所長として赴任してきたのだ。エドガーとアリスはそれぞれクルトを自分の味方につけようとする。アリスはエドガーに復讐するためにクルトを誘惑し、エドガーはクルトを支配しようと試みる。クルトを交えたエドガーとアリスの戦いの結末は……
スタッフ 作=A・ストリンドベリ/台本・演出=安西徹雄/美術・衣裳=伊藤雅子/照明=小笠原純/音楽=西田幸士郎/効果=斉藤美佐男/舞台監督=田中伸幸/演出補=藤田宗久/演出助手=内藤裕子/宣伝美術=猪子進 ほか
キャスト 橋爪功/高林由紀子/藤田宗久/福井裕子/吉田久美
お問い合わせ 演劇集団円ホームページ

チケット発売日

2008年5月28日(水)

入場料金

一般6,500円/ペアチケット11,000円(全席指定・税込)

ペアチケット:2枚1組、劇団扱いのみ

チケット発売窓口

演劇集団円 03-5828-0654
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2008年7月17日(木) 〜 7月31日(木)

上演時間 約2時間15分(予定)

2008年7月

13 14 15 16 17
  • 19:00
  •  
  •  
18
  • 19:00
  •  
  •  
19
  • 14:00
  •  
  •  
20
  • 14:00
  •  
  •  
21
  • 14:00
  •  
  •  
22
  •  ★
  •  
  •  
23
  • 14:00
  •  
  •  
24
  • 19:00
  •  
  •  
25
  • 19:00
  •  
  •  
26
  • 14:00
  •  
  •  
27
  • 14:00
  •  
  •  
28
  • 19:00
  •  
  •  
29
  • 19:00
  •  
  •  
30
  • 14:00
  •  
  •  
31
  • 14:00
  •  
  •  
   
★休演日

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9265

トラックバック一覧