クリエイター集団トリガーライン『青空』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

クリエイター集団トリガーライン

『青空』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2009年5月14日(木)〜5月18日(月)
会場 五反田アトリエヘリコプター
〒141-0022 東京都東京都品川区東五反田2-21-17
PR・解説 2004年、主宰の林田一高が、演者としての表現力・創造力の向上を目的として自主稽古を開始させたのが始まりである。主に不定期のワークショップを通して、既成台本、オリジナル台本などを使用して、短期間で作品を創り上げる集中稽古を行ってきた。

通常、ワークショップでは非公開が大半であったが、見学者・参加者達からの強い要望で公開稽古という形で発表会を行い高い評価を受ける。
 
2005年、ワークショップ参加者を中心に王子小劇場で初の劇場公演「沈める月に映る影」を上演する。この公演で、劇場主宰の佐藤佐吉賞において、優秀主演男優賞(林田一高)、優秀照明賞(松本永/光円錐)、優秀舞台美術賞(松本謙一郎/突貫屋)を受賞する。更に2006年、同じく王子小劇場で第2回劇場公演「KCN」を上演し、最優秀照明賞(松本永/光円錐)を受賞、さらに、第3回劇場公演「微熱」では、優秀脚本賞(林田一高)、優秀主演男優賞(北川竜二)を受賞し、集団として大きな自信となった。
ストーリー トリガーライン4回目公演は、2003年初演のメンバー北川竜二作品を上演。
総合病院の屋上、そこに集う人々の内面を時にはコミカルに、時にはシリアスな会話劇を通じて炙り出す。これまでとはテイストの異なる物語を共演者・スタッフがどう仕上げるのか。トリガーラインの新たな一面「挑戦と進化」を見守り下さい。
スタッフ 作=北川竜二/演出=林田一高/演出助手=北川竜二/美術=松本謙一郎/照明=松本永(光円錐)/音響アドバイザー =角張正雄(Soundcube)/製作=塚原正和/製作=渡邉直樹/製作=水端兄 ほか
キャスト 林田一高(文学座)/北川竜二/小松竜夫/涌井啓育/野々目良子/熊地絵理子/和田武(ヴォーカル)/前川和也(フェザーインターナショナル)/藍原直樹/柿沼有里/伊藤奈緒美(ONDINA)
お問い合わせ トリガーライン
trigger-line@mail.goo.ne.jp

チケット発売日

2009年4月1日(水)

入場料金

3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

トリガーライン  web予約担当 ハヤシダ
メール:trigger-line@mail.goo.ne.jp

チケット販売サイトへ

公演日程

2009年5月1日(金) 〜 5月18日(月)

2009年5月

10 11 12 13 14
  • 19:00
  •  
  •  
15
  • 19:00
  •  
  •  
16
  • 19:00
  •  
  •  
17
  • 14:00
  • 19:00
  •  
18
  • 13:00
  •  
  •  
19 20 21 22 23
2008年5月14日〜5月18日(日)

5月14日(水) 19:00★
5月15日(木) 19:00☆
5月16日(金) 19:00★
5月17日(土) 14:00☆ 19:00★
5月18日(日) 13:00☆

★前川和也 出演 / ☆藍原直樹 出演

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9365

トラックバック一覧