三日月バビロン『虚空夜』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

三日月バビロン

ザムザ阿佐谷提携公演

『虚空夜』クレプシドラ・サナトリウム

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年6月24日(金)〜6月26日(日)
会場 ザムザ阿佐谷
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-12-21 ラピュタビル B1F
PR・解説 宣伝美術、劇団ロゴデザインは漫画家の藤原カムイ氏が担当。オリジナル脚本と音楽とによる硬質透明な作品世界。
ストーリー 少年を訪ねて今日もドアを開く少女。
無邪気な想い出を繰り返し、繰り返し時をとどめていられるこの小児病棟は、月を隠した虚空の荒野。月蝕太陽と月のように、互いの中に夢ばかり映して、今日も冒険旅行にはしゃぐ二人に、いつか呪縛の様に赤い靴(初潮)がまといつき始める。
月蝕期の終わり少年の様に駆け回った時代に別れを告げよと少女の足下を赤く赤く染める血の水脈は、よわよわと漂い、母なるガイアの怒りと悲しみを告げる。

「当サナトリウムの面会時間は常に闇の中。 エーテルの海をたゆたうような、深い眠りの闇の中のみ!」
大人への岐路に立つ少女は少年と共に、虚空にとどまるため、 赤い靴を脱ぎ捨て走るのだが…

君の永遠のカケラとなるための世界の作り方をおしえて…
スタッフ 作・演出=櫻木バビ/照明=小境春二/音響=飯田彰子/作曲=竹之内日生/舞台監督=羽田美夕/宣伝美術=藤原カムイ&スタジオ2B/映像・映写技師=山崎幹夫/記録写真=斉藤未央/衣裳&装置デザイン=神無月天使/制作=伊藤みちよ ほか
キャスト 狩野夏妃/古瀬木日華/かやべせいこ/石川秀樹/ヨウコ/熊谷聖美/梅原真実/矢島薫(声のみ)
お問い合わせ 三日月制作事務所
03-3228-4536
ZAP10244@nifty.com
三日月バビロン

チケット発売日

2005年5月20日(金)

入場料金

前売り2,500円/当日2,800円/ペアチケット4,500円(全席自由・税込)

ペアチケットは劇団扱いのみになります。

チケット発売窓口

三日月バビロン 03-3228-4536
http://www.mikazuki-s.com/

チケット販売サイトへ

公演日程

2005年6月24日(金) 〜 6月26日(日)

2005年6月

19 20 21 22 23 24
  • 19:00
  •  
  •  
25
  • 14:00
  • 19:00
  •  
26
  • 13:00※
  • 18:00※
  •  
27 28 29 30    
26日(日)の公演開始時間にご注意下さい。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=950

トラックバック一覧