ミュージカルカンパニー イッツフォーリーズ『野菊の墓』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ミュージカルカンパニー イッツフォーリーズ

ミュージカル

『野菊の墓』〜初恋〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年7月26日(土)〜7月27日(日)
会場 俳優座劇場
〒106-0032 東京都港区六本木4-9-2
PR・解説 ミュージカルカンパニー イッツフォーリーズは、2003年に「野菊の墓」をミュージカル・リーディングという形で上演、ワークショップ公演でありながら、シンプルな舞台に美しい音楽が効果的と好評を頂きました。今回、ミュージカル化に当たり、 政夫と民子の“悲恋”と言う言葉だけでない、明治を生きる一人の女“民子”を、儚くも力強い女性として表現したいと考えました。世の中の流れに押しつぶされそうになりながらも、必死に生きる一人の女性の姿を美しい音楽と共に、客席に届けたいと思います。また、ここ数年来 “純愛”をテーマにした小説、ドラマ、映画がヒットしています。多くの人にとって純愛とは美しく、美しいからこそ成就しないもの、そして想い出として心に抱き続けるものだと思います。「野菊の墓」が百年以上も長きに渡り、読み継がれているのも、そのような要素が多分にあるからかもしれません。政夫と民子の純真な初恋。そして、好きな人を亡くす辛さ。やがて大人になった政夫が、民子の墓を訪れ味わう、永遠に癒されることのない愛するものを亡くした哀しみ。「野菊の墓」は現代にも通じる恋愛物語の要素をふんだんに盛り込んだ小説ともいえるでしょう。
ストーリー 静かな田園を背景に、15歳の政夫と二つ年上の従姉、民子との間に芽生えた幼くも清純な恋…。けれども、二人は世間体を気にする大人たちに隔てられ、少年は町の中学へ、少女は心ならずも、他家に嫁いでいくのだった…。 2003年にミュージカル・リーディングという形で上演した、伊藤左千夫の不朽の名作「野菊の墓」をミュージカル化。明治という時代の中で、周りの大人たちによって引き裂かれた、幼いふたりの悲しい恋の結末…。時代を超えたドラマティックな珠玉のラブストーリーを美しいメロディにのせて、爽やかな感動と共に贈ります。
スタッフ 原作=伊藤左千夫/演出=雁坂 彰/作詞・脚本=佐藤万里/音楽=酒井義久/振付=米谷美穂/照明=森下 泰/音響=返町吉保/装置=鈴木俊朗/舞台監督=山田賢治
キャスト 茂木沙月/井上一馬/大塚庸介/角崎慶子/森 隆二/米谷美穂/勝部祐子/堀内俊哉/金村 瞳/中村つむぎ/木戸可奈子/吉田 雄
お問い合わせ オールスタッフ
03-3583-9821
mail@allstaff.co.jp
ミュージカルカンパニー イッツフォーリーズ

チケット発売日

2008年5月15日(木)

入場料金

4,500円/学生シート3,500円(全席指定・税込)

学生シートの取扱はオールスタッフのみ。

チケット発売窓口

オールスタッフ 03-3583-9821

チケット販売サイトへ

ゲッティ http://www.allstaff.co.jp/

チケット販売サイトへ

ゲッティ携帯サイト http://cnfti.com/met0694/

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:386-694
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2008年7月26日(土) 〜 7月27日(日)

2008年7月

20 21 22 23 24 25 26
  • 14:00
  • 19:00
  •  
27
  • 13:00
  • 16:30
  •  
28 29 30 31    

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9607

トラックバック一覧