かわせみ座『まぬけなリュウの話』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

かわせみ座

語り部と表情豊かな糸あやつりのリュウが織り成す笑いと涙と感動

『まぬけなリュウの話』人知れず村を助け、村を追われた、「まぬけ」と言われた一匹のリュウの話

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年7月18日(金)〜7月19日(土)
会場 赤坂区民センター
〒170-0052 東京都港区赤坂4-18-13  赤坂コミュニティーぷらざ内
PR・解説 独創的かつ繊細で美しい人形を使った空間パフォーマンスが、人形劇以外の各方面でも評判を呼び、国内のみならず、海外でも高い評価を得ている「かわせみ座」定番の演目。
原作は、76年にポプラ社で刊行され、全国推薦図書にもなった創作童話。けなげで純真無垢なリュウのキャラクターを通して、時に滑稽、時に切なく、ペーソスを織り混ぜ、人間のエゴ、自然軽視に対して警鐘を鳴らし、自然の生命を「慈しむ」感性を育んでいただける作品。
ストーリー 昔々。山奥の村はずれに住む気の良いリュウは、長雨で飢えた村人達の嘘の話の証拠として、大切な後ろ足の爪を切り取られてしまいます。村人達は、その爪を役人に献上して食べ物を得る事ができました。翌年、今度は日照りが村を襲いました。やせこけたリュウは、村の為に痛む後ろ足を引きずり山へ向かうのでした……。
スタッフ 原作=斎藤星次/脚本・構成=吉永淳一/人形美術・舞台美術・演出=山本由也/音楽=松本雅隆(ロバの音楽座)/アドバイザー=西田堯/アドバイザー=山本健翔/アドバイザー=高畑勲/アドバイザー=伊藤巴子/アドバイザー=岡村春彦 ほか
キャスト 山本由也(人形操演)/益村泉(人形操演)/充湖すすき(語り)
お問い合わせ かわせみ座
03-3315-3102
information@kawasemiza.com
かわせみ座

チケット発売日

2008年6月5日(木)

入場料金

前売り:大人2,500円/前売り:子供1,500円/当日:大人3,000円/当日:子供2,000円(全席指定・税込)

★港区在住・在勤・在学者割引あり。(Kissポートチケットセンター03-5413-7021で取扱い)
★杉並区在住の方でお子様がいらっしゃる方は子育て応援券が使えます。(かわせみ座にて前売りのみ取扱い/お電話にてご予約ください)
※子供チケットは4歳〜12歳まで。
※4歳未満のお子さまの入場はご遠慮ください。

チケット発売窓口

かわせみ座 03-3315-3102

チケット販売サイトへ

e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2008年7月18日(金) 〜 7月19日(土)

2008年7月

13 14 15 16 17 18
  • 19:00
  •  
  •  
19
  • 14:00
  •  
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9664

トラックバック一覧