地点『三人姉妹』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

地点

地点第14回公演

『三人姉妹』

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年7月5日(土)〜7月13日(日)
会場 大阪市立芸術創造館
〒535-0003 大阪府大阪市旭区中宮1-11-14
PR・解説 たぶん、この戯曲はチェーホフの最高傑作だと思う。
人間のドラマとはあこがれと絶望の狭間にあるのだと言い切り、劇とは「時代」という大きな時間を描くのだと詰め寄る。
これを演出してつまらなくなるのはよっぽどのことだ。
『三人姉妹』を初演したとき、演出において私なりの方法を持ち得たという実感があった。
しかし今思えばそのときの演出はかなりあてずっぽうであった。
改めてこの作品にのぞむにあたり、そのあてずっぽうと、少しは冷静になった現在の心境とを照らし合わせてみたい。
それはきっと、新たな演劇の形式を発見するための、抜き差しならぬ実験になるだろう。
まあ、こちらの事情はさておき、観客のみなさんは安心してほしい。
先にも言ったように、チェーホフの『三人姉妹』がつまらないなんて、よっぽどのことなのだから。
三浦基
ストーリー オーリガ、マーシャ、イリーナの三人姉妹と長男アンドレイの住むプローゾロフ家が舞台。
人間の美しい夢が俗悪な日常にのまれ、次第に枯れてゆく様子を描き
ながら、ドラマは激しく交錯する。
哲学、不倫、片思い、決闘と死。
ドラマにまきこまれながら、登場人物の多くが自らの行動の意味を知らない。
その滑稽さとせつなさを、チェーホフは愛情をもって描いた。
スタッフ 演出=三浦基/演出助手=村川拓也/照明=吉本有輝子/映像=山田晋平/美術=杉山至+鴉屋/音響=堂岡俊弘/衣裳=堂本教子/宣伝美術=納谷衣美/舞台監督=大鹿展明/制作=田嶋結菜
キャスト 安部聡子/石田大/大庭裕介/岡嶋秀昭/窪田史恵/小林洋平/砂連尾理/谷弘恵/山村麻由美
お問い合わせ 地点
075-761-4636
info@chiten.org
地点 official site

チケット発売日

2008年4月30日(水)

入場料金

一般 前売・予約2,500円/一般 当日3,000円/学生 前売・予約2,000円/学生 当日2,500円/リピーターチケット(2枚つづり・劇団のみ取扱)4,500円(全席自由・税込)

日時指定・整理番号付き

チケット発売窓口

地点 075-761-4636

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:386-320
京都芸術センター 窓口販売のみ
(10:00~22:30)

公演日程

2008年7月5日(土) 〜 7月13日(日)

2008年7月

    1 2 3 4 5
  • 19:30
  •  
  •  
6
  • 19:30
  •  
  •  
7
  • 20:00
  •  
  •  
8 9
  • 19:30
  •  
  •  
10
  • 19:30
  •  
  •  
11
  • 20:00
  •  
  •  
12
  • 15:00
  • 19:30
  •  
13
  • 15:00
  •  
  •  
14 15 16 17 18 19

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9693

トラックバック一覧