(財)北区文化振興財団『松竹大歌舞伎』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

(財)北区文化振興財団

『松竹大歌舞伎』中村信二郎改め二代目 中村錦之助襲名披露

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年7月2日(水)
会場 北とぴあ さくらホール
〒114-0002 東京都北区王子1-11-1
PR・解説 1.橋弁慶 長唄囃子連中
2.二代目中村錦之助襲名披露 口上 一幕
3.彦山権現誓助剱 毛谷村 一幕
4.神田祭 清元連中
ストーリー ■毛谷村
 豊前の国毛谷村。ひなびた山里に、六助という若者が住んでいました。
 そこへ一人の虚無僧が現れ、家来の仇と六助に斬りかかりました。六助は、供を殺された孤児を引き取って世話をしており、そのために仇と間違えられたのでした。斬りかかった虚無僧は実は女。名をお園といい、女ながら大力でなかなかの剣の使い手。ところが斬りかかった相手が六助と知ると、急にしおらしくなり、自分は六助の嫁だと言い出すのでした……。
 早春の山里を舞台に、純朴な力持ちの青年六助と、女ながらも武道の達人お園の繰り広げる人気作品であり、新錦之助の襲名披露の一幕です。
 お園は、錦之助の兄の時蔵がつとめます。この役は時蔵の祖父から伝わる当たり役で、中村時蔵家にゆかりの深い演目です。
 微塵弾正には松江が扮し、また、後室お幸に東蔵が出演して舞台を引き締めます。お園がこれまでの苦労を義太夫に合わせて語り、動く「クドキ」のくだりや、幕切れの三味線に合わせて台詞をいう「ノリ地」など、聞き所、見所も多く、内容も変化に富んだ歌舞伎の魅力あふれる一幕をお楽しみください。
キャスト 中村錦之助/中村梅玉/中村東蔵/中村時蔵/中村松江/中村梅枝
お問い合わせ (財)北区文化振興財団
03-5390-1221
(財)北区文化振興財団

チケット発売日

2008年4月9日(水)

入場料金

S席(1階席)5,000円/A席(2階席)4,000円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:385-334
その他プレイガイド情報 北とぴあ1階チケット売場(10:00〜19:00窓口のみ)

公演日程

2008年7月2日(水)

上演時間 約3時間

2008年7月

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9694

トラックバック一覧