劇団海賊ハイジャック『俯瞰する庭園』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団海賊ハイジャック

劇団海賊ハイジャック 第6回本航演

『俯瞰する庭園』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年7月4日(金)〜7月7日(月)
会場 ザムザ阿佐谷
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-12-21 ラピュタビル B1F
PR・解説 偽らない脚本。
律動的で情熱的な演技・演出。
詩のような流麗なせりふの裏でおどる泥沼のような本質。

海賊ハイジャックが贈る、
そう呼ぶにはあまりにふさわしくない、愛の物語です。

獣やとかげ、魚、草木達が、不器用に物語を紡いで行きます。
彼らの葛藤は様々な色をして混ざり合い、美しく醜い色彩を生み出しながら、
世界を彩っていきます。

どうぞ一枚の絵画をご覧になるように、庭園の眺めをお楽しみください。
ストーリー 知性の樹木によって美しく、均整を保たれた庭園。
獣たちは愛する事を教わり、動植物を喰い荒らすのをやめました。

我慢する。だって愛してるから。

喰いたい。でも喰わない。
襲いたい。でも襲わない。
言いたい。でも言わない。
一緒にいたい。でもいない。

だって愛してるから。

そこに迷い込んだ一人の男。
男は獣たちの不自由さや葛藤にいらだち、様々な疑問を抱きます。

「なぜ深入りしようとしないんだ」
「幸せだって?ではなぜ君たちの表情は暗い」
「愛するには言葉が必要なんだ」

しかし言葉を投げかけるほどに、違和感を覚えるのは男の方であるようでした。
ここは一体どこなのか…?

そして、記憶の底に佇む一人の女性。
見つからなかった、最善の、言葉。


庭園の果てで男が見た景色とはー。
スタッフ 脚本/演出=宇野正玖/企画制作=並木孝泰 ほか
キャスト 棟熊琢巳/川添美和/風見夢子/飯島神互/鴻森久仁男/片山敦郎/蓑輪優花
お問い合わせ 劇団海賊ハイジャック
03-3205-8660 / 080-5444-0562
kyjack.info@gmail.com
劇団海賊ハイジャック

入場料金

一般2,800円/学生2,200円/平日昼☆1,900円(全席自由・税込)

公演日程

2008年7月4日(金) 〜 7月7日(月)

上演時間 約1時間40分を予定しております。

2008年7月

    1 2 3 4
  •  
  • 19:30
  •  
5
  • 14:00
  • 19:30
  •  
6
  • 14:00
  • 19:30
  •  
7
  • 13:00☆
  • 17:00
  •  
8 9 10 11 12
☆の回は\1,900です。 

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9729

トラックバック一覧