劇団民藝『明石原人』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団民藝

『明石原人』-ある夫婦の物語-

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年7月29日(火)〜7月30日(水)
会場 俳優座劇場
〒106-0032 東京都港区六本木4-9-2
PR・解説 明石原人は自分の心の中にある。学歴社会と戦争との壁に阻まれてくじけそうになりながらも考古学への情熱を持ち続けた民間研究者の直良信夫(千葉茂則)と、その夫を励まし献身的に支え続けた妻・音(日色ともゑ)。ひたすら真実を追究し続けた夫婦のロマンあふれる感動的な物語を、反骨精神みなぎる筆致で書いた小幡欣治氏の傑作です。
二〇〇四年の初演いらい全国各地で上演され、好評を博してきました。今年三、四月にリクエスト上演となった『浅草物語』につづき、小幡作品待望の東京再演です。民藝アンサンブルが光る注目の舞台をお見逃しなく。
ストーリー 明石の女学校教師、直良音(なおら・おと)を、かつての教え子の村中信夫が訪れます。が、思いもかけぬ事態から音は十一歳も年下の信夫を婿にとることになりました。信夫は化石を掘るのに夢中。ある日、明石海岸で旧石器時代のものと思われる人骨を発見します。世紀の大発見「明石原人」
しかし時は折しも満州事変、戦争への時代です。日本に旧石器時代があったという学説は危険な思想だとみなされ、しかも信夫の発見した人骨は、東京大空襲で消失してしまいます……
スタッフ 作=小幡欣治/演出=丹野郁弓/装置=松井るみ/照明=秤屋和久/衣裳=前田文子/音楽=武田弘一郎/効果=岩田直行/舞台監督=中島裕一郎
キャスト 伊藤孝雄/千葉茂則/日色ともゑ ほか
お問い合わせ 劇団民藝
044-987-7711
劇団民藝

チケット発売日

2008年6月17日(火)

入場料金

一般6,300円/学生割引3,150円(全席指定・税込)

チケット発売窓口

劇団民藝 044-987-7711
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:33997

公演日程

2008年7月29日(火) 〜 7月30日(水)

2008年7月

27 28 29
  •  
  • 18:30
  •  
30
  • 13:30
  •  
  •  
31    

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9757

トラックバック一覧