劇団民藝『海鳴り』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団民藝

『海鳴り』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年10月9日(木)〜10月20日(月)
会場 紀伊國屋サザンシアター
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
PR・解説  『海鳴り』は藤沢周平作品の中でもひとあじ違った長篇小説です。一般に親しまれている出羽海坂藩の武家物でもなく江戸裏長屋の市井物でもありません。登場するのは紙問屋とその周辺の人びと、いわば中流以上の町人で、その家庭環境も人間関係も今の私たちそのまま。また当時の問屋仲間のやり方も大手企業が富を貯え下請けの町工場が身をけずる今の経済構造によく似ています。
 一見地味なこの小説が舞台になるのはこれが初めでしょう。以前にも藤沢作品を手掛けた吉永仁郎さんは、新しく多場面を一つの流れにのせる方法でこの“髷を結った現代劇”を脚色しました。ご期待下さい。
ストーリー  下積みから身をおこし、ひたすら商売に励んできた紙問屋の小野屋新兵衛は四十半ばを過ぎ、心身に老いの兆しを感じていました。妻子との間には隙間風が吹き、生甲斐だった仕事にも虚しさを感じ始めています。
 時は江戸時代も後半にさしかかった文化年間、この業界に波が立ちます。更なる儲けを企む大手の問屋たちの策動のために、新兵衛たち小さな店や仲買人、紙漉人などが窮地に立たされます。身辺が急に慌ただしくなり出したそんなある時、新兵衛はふとしたことから同業者の女房おこうと知り合い、やがて二人は許されない不義の恋へ……。
スタッフ 原作=藤沢周平/脚本=吉永仁郎/演出=高橋清祐/装置=堀尾幸男/照明=中川隆一/衣裳=貝沼正一/効果=岩田直行/舞台監督=内田喜三男
キャスト 梅野泰靖/西川 明/塩屋洋子/日色ともゑ ほか
お問い合わせ 劇団民藝
044-987-7711
劇団民藝

チケット発売日

2008年8月20日(水)

入場料金

一般6,300円/学生割引3,150円/NIGHT TICKET4,000円(全席指定・税込)

NIGHT TICKETは夜公演、枚数限定・劇団のみ取り扱い

チケット発売窓口

劇団民藝 044-987-7711
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:387-591
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:36125
e+(イープラス)
eplus.jp
キノチケットカウンター 新宿東口・紀伊国屋書店本店5階
店頭販売のみ[10時〜18時30分]

公演日程

2008年10月9日(木) 〜 10月20日(月)

2008年10月

5 6 7 8 9
  •  
  • 18:30※
  •  
10
  • 13:30
  •  
  •  
11
  • 13:30
  •  
  •  
12
  • 13:30
  •  
  •  
13
  • 13:30
  •  
  •  
14
  • 13:30
  • 18:30※
  •  
15
  •  
  • 18:30※
  •  
16
  • 13:30
  •  
  •  
17
  •  
  • 18:30※
  •  
18
  • 13:30
  •  
  •  
19
  • 13:30
  •  
  •  
20
  • 13:30
  •  
  •  
21 22 23 24 25
※NIGHT TICKET設定日(4.000円、夜公演、枚数限定・劇団のみ取り扱い)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9758

トラックバック一覧