三鷹市芸術文化センタープロデュース『わたしの王国』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

三鷹市芸術文化センタープロデュース

太宰治作品をモチーフにした演劇 第2回

『わたしの王国』〜中期短編作品より〜

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2005年6月23日(木)〜6月26日(日)
会場 三鷹市芸術文化センター 星のホール
〒181-0012  東京都三鷹市上連雀6-12-14
PR・解説 今なお世代を越えて読み継がれている太宰治は、昭和14年9月に三鷹市(当時は三鷹村)下連雀に居を構え、戦時中の疎開時代を除き、昭和23年にこの世を去るまでこの地で暮らしました。太宰の眠る禅林寺は、三鷹市芸術文化センターのすぐそばにあり、毎年6月19日の「桜桃忌」には、たくさんの太宰ファンが訪れています。
 そこで三鷹市芸術文化センターでは昨年より「太宰治作品をモチーフにした演劇」公演を上演しております。これは、太宰作品(小説や戯曲)をそのまま上演するのではなく、幾つかの作品をモチーフにしながら、太宰のエッセンスに溢れた、オリジナル作品を作り上げる企画です。

今年の作品からは、どんな太宰治の匂いが立ち上るか・・・・・。

「わたしの王国」にご期待ください。
ストーリー 執筆のため地方に出かけた先輩作家。
留守の間、その畑を預かった後輩作家・川岸は、
張り切って野良仕事を始める。
そこへやって来る友人や物売り、近所の人々。
そして巻き起こる様々な出来事。
昭和初期の三鷹を舞台に、
ユーモアあふれる太宰の中期の作品をモチーフとした、
おかしくて楽しく、そして少しひねくれた物語。
スタッフ 脚本=村上マリコ/演出=宮本勝行(にんじんボーン)/照明=倉本泰史(A.P.S)/音響=青木タクヘイ(Stage Office)/舞台監督=小野八着/舞台美術=土岐研一
キャスト 高見靖二/宍倉靖二/中嶌聡/中川卓也/那須まさえ/釣谷伸樹/田中順/三上綾/鈴木隆/吉田テツタ/秋山恭子/大谷志保/宮本勝行 ほか
お問い合わせ (財)三鷹市芸術文化振興財団
0422-47-5122
(財)三鷹市芸術文化振興財団
その他
お問い合わせ
三鷹市芸術文化センター 星のホール
東京都三鷹市上連雀6-12-14
JR三鷹駅南口5・6番バス乗り場から3つ目「八幡前・三鷹市芸術文化センター」下車すぐ。または7番バス乗り場から「八幡前」下車1分。または徒歩約15分。

チケット発売日

2005年4月21日(木)

入場料金

一般前売2,500円/会員前売2,200円/一般当日2,800円/会員当日2,500円/高校生以下1,000円(税込)

チケット発売窓口

(財)三鷹市芸術文化振興財団 0422-47--5122
チケットの販売は、午前10時から午後7時までです。
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:360-302
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2005年6月23日(木) 〜 6月26日(日)

2005年6月

19 20 21 22 23
  • 19:30●
  •  
  •  
24
  • 19:30●
  •  
  •  
25
  • 14:00★
  • 18:00●
  •  
26
  • 14:00●
  •  
  •  
27 28 29 30    
★=託児サービス有り。500円。集団保育でのお預かりとなります。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=979

トラックバック一覧