スパイラル『Text to Speech』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

スパイラル

Spiral Performing Arts Series vol.2

『Text to Speech』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年7月25日(金)〜7月26日(土)
会場 スパイラルホール
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
PR・解説 1997年以降、ヨーロッパや南米を中心に、これまで11作品のダンス公演を発表してきたジル・ジョバン。その作風は、身体を介してゲームのように互いのルールを作りながら生み出されるユーモラスな動きを特長とし、コンテンポラリー・ダンスの新時代を築く振付家の一人として、近年高い注目を集めています。
今回の公演では、ジル・ジョバン初来日作品として2008年3月にパリ市立劇場の1,000席を満員にした最新作「Text to Speech」を上演します。本作は、世界各地で勃発する内紛や戦争を題材に、人と情報との関係性をダンサーの身体と映像や音声から流れるテキストによって描き出します。

スイス発気鋭の振付家ジル・ジョバンの初来日公演にご期待ください。
ストーリー 大小のテーブルで静かにパソコンに向かう6人の男女、張り巡らされたロープ、炎上するスクリーン。
ここでは、パソコンから流れてくるニュースによって、パフォーマーは次第にそのバランスを失っていき、他者を、そして自分自身を傷つけていきます。これは、様々なメディアに取り巻かれて生活する私たちの間に存在する、“崩壊する個と個の関係”が紡ぎ出されるフィクションです。
舞台上の出演者は、音声ソフト“Text to Speech”が読み上げる架空の紛争を語るニュースにシンクロするように踊ります。
実際に起こっている紛争、情報として遠く離れた私たちの目や耳に届く増幅するニュースや映像が描き出す紛争のイメージ。それらが創り出すものは何か…。
スタッフ 振付=ジル・ジョバン/音楽=クリスチャン・ヴォーゲル/舞台監督=上林英昭
キャスト ジル・ジョバン/ジャン=ピエール・ボノモ/リチャード・カボレ/スン・イン・クオン/スザナ・パナデス・ディアス/ルディ・ヴァン・デルメルヴェ
お問い合わせ スパイラル代表
03-3498-1171
スパイラルウェブ
スパイラルオンラインストア

チケット発売日

2008年6月2日(月)

入場料金

前売4,000円/当日4,300円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

株式会社ワコールアートセンター 03-3498-1171
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:387-143

公演日程

2008年7月25日(金) 〜 7月26日(土)

2008年7月

20 21 22 23 24 25
  • 19:30
  •  
  •  
26
  • 14:00
  •  
  •  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9824

トラックバック一覧