東京アンテナコンテナ『CHANBARA FEVER』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

東京アンテナコンテナ

『CHANBARA FEVER』―八戸より愛をこめて―

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年9月19日(金)〜9月21日(日)
会場 南大塚ホール
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-36-1
PR・解説 笑いとパフォーマンスを融合したエンターテイメントな舞台を展開している劇団「東京アンテナコンテナ」とドゥーワップにのせてオヤジ達の哀愁をユーモラスに描くユニット「ミルク・ブラザーズ」の共同作で今年も演劇祭に殴りこみ!そんな二組の合同公演ということで、笑いもパフォーマンスも、そして哀愁も血糖値も増量&パワーアップで演劇祭をにぎわせます!
ストーリー 今日も、とある健康ランドのステージで客にブーイングを浴びせられ、舞台を降りてくる一座のメンバー。それもそのはず、演目は「水戸黄門」なのに、角さんがいきなり座頭市になって印籠をきってしまうわ、助さんのはずが右肩出して桜吹雪をみせちゃったり・・・挙句の果てに黄門様が子連れ狼になっちゃったり・・・この一座、三人の座長がいて三者三様にやりたいことが違うのである。それならそれぞれが独立すればいいのだがそうもいかず、文句を言い合いながら日本全国を旅していた。実はこの三人の座長には裏家業があり、旅公演で廻ったその土地その土地で、官僚や企業の悪事をあばき成敗してその町を去って行くのだ。まさに現代版「必殺!仕事人」「ザ・ハングマン」である。そんな三人が八戸のとある健康ランドで巡業中、温泉成分のごまかしに気付いてしまった事から物語は意外な事件へと発展していく。果たして、三人はどう解決するのか?町に平和は訪れるのか?
スタッフ 演出=スジコスジオ/脚本=小浦一優・藤田ミキト/監修=美里岩煎太/原案・演出助手=下平ヒロシ/舞台監督・美術=ソマリ工房/照明=白土真平(タケスタジオ)/音響=下森俊男/振付=小浦一優/音楽協力=奥山まさし・鷹觜明/制作=小泉由佳 ほか
キャスト イジリー岡田/剣持直明/芋洗坂係長(小浦一優)/下平ヒロシ/萩野崇/中村ゆう子/深見恭子/小田マナブ/門田一雄/タカノハシアキラ/波多江美智子/坂口真紀/奥山洋文/山本千代美/福田裕至/木島良/はとりれい/MUTSUMI(ダンサー)/FU−KO(ダンサー) ほか
お問い合わせ 東京アンテナコンテナ事業局
080-6673-4871
tokyo-antena_contena2004@ezweb.ne.jp
東京

チケット発売日

2008年8月23日(土)

入場料金

前売4,000円/当日4,500円(全席指定・税込)

(日時指定・全席指定 5歳未満のお子様は入場をお断りしています)

チケット発売窓口

東京アンテナコンテナ 080-6673-4871
8/16 13:00より、ホームページのメールフォームから先行予約を受け付けます。電話でのチケット発売は一切いたしません。
http://www.ajasun.com/tac/

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
としまみらいチケットセンター 03-3590-5321

公演日程

2008年9月19日(金) 〜 9月21日(日)

2008年9月

14 15 16 17 18 19
  • 19:00
  •  
  •  
20
  • 15:00
  • 19:00
  •  
21
  • 13:00
  • 17:00
  •  
22 23 24 25 26 27
開場は開演の30分前になります。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9879

トラックバック一覧