TAICHI-KIKAKU『光る旅〜PILGRIM2008〜』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

TAICHI-KIKAKU

『光る旅〜PILGRIM2008〜』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年9月4日(木)〜9月7日(日)
会場 シアタートラム
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1
PR・解説 世界21カ国で公演を続ける「言葉を超えた演劇」〜身体詩〜

この舞台作品「光る旅〜PILGRIM2008〜」は、98年にマケドニア、
99年にクロアチア、そして2000年にボスニア・ヘルツェゴビナ、
サラエボを旅することの中から生まれました。

たくさんの哀しみの消えない町で、
私たちは旅をしながらずっと希望(ひかり)のことを考えていました。
希望… 希望はやってくるものでも、あらわれてくるものでもない。
希望というのは、いま、ここで、自分(わたし)が目の前にあるのだと云い、
決してあきらめずに、みつめつづけるものなのではないかと。
そして、希望は見つめ続けたものの心の目の中にだけ
やがてその姿をゆっくりと浮かべてくるものなのではないかと。

この作品の中には、なぜ人がどんな状況の中でも希望を手放さない
のかということの、大きな意味がかくされています。
なぜひとは、あきらめずに光りの方向を希求しつづけようとするのか…

あらたに10人のサブパフォーマーも参加して
TAICHI-KIKAKUの作品の謎がスルスルと読み解けます!!
ストーリー 97年ブルガリアで撮影された青い月の映像、その下で果てることなく
繰り返されるかつては親友であった〈二人の隣人〉の孤独な行為。
ある満月の夜〈月の光〉に誘われ、二人は出会い、やがて幼い日の
記憶に棲む、死んでしまった共通の〈友だち〉の思い出にたどり着く。
最初はぼんやりと、そしてそれは、次第に信じられないほどの強い光を
放ちはじめて…
スタッフ 作・演出=モリムラルミコ/映像=田渕英生/プロデューサー=オーハシヨースケ/照明=青山崇文/音響=中島有城
キャスト オーハシヨースケ/ヨシダ朝/モリムラルミコ/イシバシヒロアキ(サブパフォーマー)/カナコ(サブパフォーマー)/ジダイJIDAI(サブパフォーマー)/シムラヒカル(サブパフォーマー)/シリウス・マハナンダ(サブパフォーマー)/チクヤスユキ(サブパフォーマー)/ハナミタクヤ(サブパフォーマー)/ウメ(サブパフォーマー)/ヨシマツアキラ (サブパフォーマー)/ワキモトタカト(サブパフォーマー)
お問い合わせ TAICHI-KIKAKU
03-5385-9137
taichi-k@mub.biglobe.ne.jp
TAICHI-KIKAKUホームページ
TAICHI-KIKAKU的 ブログ

チケット発売日

2008年6月6日(金)

入場料金

前売3,500円/当日4,000円/大学生・専門学校3,000円/高校生以下2,500円/劇場友の会会員3,300円/世田谷区民3,400円(全席自由・税込)

学生・高校券はTAICHI-KIKAKUのみで取扱い
友の会・区民券は劇場チケットセンターにて前売のみ取扱い

チケット発売窓口

TAICHI-KIKAKU 03-5385-9137
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:386-764
劇場チケットセンター 03-5432-1515

公演日程

2008年9月4日(木) 〜 9月7日(日)

2008年9月

  1 2 3 4
  • 19:30
  •  
  •  
5
  • 19:30
  •  
  •  
6
  • 13:00
  • 18:00
  •  
7
  • 14:00
  •  
  •  
8 9 10 11 12 13

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=9934

トラックバック一覧