第49回岸田戯曲賞の最終候補作決まる - 2005年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 白水社が主催する第49回岸田國士戯曲賞の最終候補8作品が、同社ホームページで発表された。今回の選考委員は昨年と同じく、井上ひさし、岩松了、太田省吾、岡部耕大、竹内銃一郎、野田秀樹の6名。来月7日に東京・日本出版クラブ会館にて行われる選考会で受賞作が決まる。最終候補8作品は、下記のとおり。
最終候補作一覧?(作者50音順)
・岡田利規『三月の5日間』(上演台本)
・小川未玲『もやしの唄』(小学館「せりふの時代」2004年夏号掲載)
・宮藤官九郎『鈍獣』(上演台本)
・長塚圭史『はたらくおとこ』(上演台本)
・はせひろいち『サイコの晩餐』(上演台本)
・東憲司『しゃんしゃん影法師』(上演台本)
・平田俊子『れもん』(上演台本)
・前田司郎『いやむしろわすれて草』(上演台本)