第12回読売演劇大賞、優秀賞決まる - 2005年1月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 読売新聞社が主催する、第12回読売演劇賞の優秀賞が発表された。第一次選考会の結果、下記5部門25件の作品と個人が選ばれた。

 今月下旬に開かれる最終選考会で、評論家や演劇担当記者ら100名の委員の投票により、各部門の最優秀賞を選出。同委員の推薦により全優秀賞の中から杉村春子賞(新人賞)も選ばれ、各部門最優秀賞と杉村春子賞の中から大賞が決められる。また、長年にわたる演劇界への貢献や優れた企画の推進に貢献した個人や団体に、芸術栄誉賞が贈られる。

 今回の選考委員は、小田島雄志、北川登園、九鬼葉子、沢田祐二、永井多恵子、西堂行人、萩尾瞳、矢野誠一、渡辺保の9名。各賞の結果は、来月上旬に発表される。
各部門の授賞者・団体
■作品賞
t.p.t.『エンジェルス・イン・アメリカ』(1・2月、ベニサン・ピット)
Bunkamura『赤鬼』(8〜10月、シアターコクーン)
新国立劇場『INTO THE WOODS』(6月、新国立劇場 中劇場)
燐光群『だるまさんがころんだ』(2〜3・7〜8月、ザ・スズナリ)
松竹・歌舞伎座『京鹿子娘二人道成寺』(1月、歌舞伎座)

■男優賞
市村正親=東宝8〜11月公演『ミス・サイゴン』のエンジニア役
大滝秀治=劇団民藝4月公演『巨匠』の老人役、同12月公演『浅草物語』の鈴木市之進役
岡本健一=埼玉県芸術文化振興財団/ホリプロ1〜2月公演『タイタス・アンドロニカス』のエアロン役
片岡仁左衛門=松竹・歌舞伎座3月公演『義経千本桜』のいがみの権太役、同4月公演『義経千本桜』の新中納言知盛役
小林勝也=こまつ座8月公演『花よりタンゴ』の高山金太郎役

■女優賞
麻実れい=埼玉県芸術文化振興財団/ホリプロ1〜2月公演『タイタス・アンドロニカス』のタモーラ役、オン・タイム11・12月公演『エリザベス・レックス』のエリザベス役
一路真輝=東宝3〜5月公演『エリザベート』のエリザベート役
キムラ緑子=シーエイティプロデュース7〜8月公演『偶然の男』の女役、新国立劇場10〜11月公演『ヒトノカケラ』の羽根田聡子役
倉野章子=地人会9〜10月公演『夜からの声』の藤井頼子役
宮沢りえ=新国立劇場3〜4月公演『透明人間の蒸気』のヘレン・ケラ役

■演出家賞 
坂手洋二=燐光群2〜3・7〜8月公演『だるまさんがころんだ』
蜷川幸雄=埼玉県芸術文化振興財団/ホリプロ1〜2月公演『タイタス・アンドロニカス』
野田秀樹=Bunkamura8−10月公演『赤鬼』
松本雄吉=維新派10月公演『キートン』
ロバート・アラン・アッカーマン=t.p.t.1・2月公演『エンジェルス・イン・アメリカ』

■スタッフ賞
礒沼陽子=新国立劇場6月公演『INTO THE WOODS』の美術
國井正廣=劇団青年座3月公演『殺陣師段平』の殺陣
高橋巖=t.p.t.1・2月公演『エンジェルス・イン・アメリカ』の音響
中越司=埼玉県芸術文化振興財団/ホリプロ8月公演『お気に召すまま』の美術
宮川彬良=メジャーリーグ2月公演『ハムレット』の音楽・ピアノ伴奏