大滝秀治が大賞・最優秀男優賞を受賞 読売演劇大賞 - 2005年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 読売新聞社主催の第12回読売演劇大賞が4日発表され、劇団民藝公演『巨匠』『浅草物語』の演技を評価された大滝秀治が大賞と最優秀男優賞を受賞した。また、野田秀樹が最優秀演出家賞を受賞し、演出を手掛けた『赤鬼』も最優秀作品賞を受賞。初ノミネートとなった宮沢りえが最優秀女優賞に選ばれた。

 贈賞式は今月28日に東京・パレスホテルにて行われ、正賞のブロンズ像と副賞として大賞・最優秀男優賞には200万円、その他各賞には100万円が贈られる。
各部門の受賞者と作品
■大賞・最優秀男優賞
大滝秀治=劇団民藝4月公演『巨匠』の老人役、同12月公演『浅草物語』の鈴木市之進役

■最優秀作品賞
Bunkamura『赤鬼』(8〜10月、シアターコクーン)

■最優秀女優賞
宮沢りえ=新国立劇場3〜4月公演『透明人間の蒸気』のヘレン・ケラ役

■最優秀演出家賞
野田秀樹=Bunkamura8〜10月公演『赤鬼』

■最優秀スタッフ賞
礒沼陽子=新国立劇場6月公演『INTO THE WOODS』の美術

■杉村春子賞(新人賞)
尾上菊之助

■芸術栄誉賞
宝塚歌劇団

■選考委員特別賞
燐光群『だるまさんがころんだ』