新国立劇場2005/2006シーズン演劇ラインアップ決まる - 2005年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 新国立劇場2005/2006シーズン(2005年9月〜2006年7月)の演劇公演ラインナップが、1日に発表された。来シーズンは、再演も含め全10作品の上演が予定されている。

 今年9〜11月と来年4〜5月には、昨年から引き続き「THE LOFT」公演を実施。唐十郎作『盲導犬』『黒いチューリップ』、岸田國士作『屋上庭園』『動員挿話』、岩松了作『マテリアル・ママ』が上演される。また、今年11〜12月には大竹しのぶ主演の『母・肝っ玉とその子供たち―三十年戦争年代記』(仮題)が上演されるほか、来年5〜6月には昨年上演された宮本亜門演出のミュージカル『INTO THE WOODS』の再演が控えている。詳細は公式サイトを参照。
公演データ
2005/2006シーズン 演劇ラインアップ

●2005. 9〜10月 小劇場
THE LOFT『盲導犬』『黒いチューリップ』(日替わり上演)
作=唐十郎 演出=中野敦之

●2005. 10〜11月 小劇場
THE LOFT『屋上庭園』『動員挿話』
作=岸田國士 演出=宮田慶子(屋上庭園)/深津篤史(動員挿話)
出演=七瀬なつみ/神野三鈴 ほか

●2005. 11〜12月 中劇場
『母・肝っ玉とその子供たち―三十年戦争年代記』(仮題)
作=ベルトルト・ブレヒト 翻訳=谷川道子 演出=栗山民也
出演=大竹しのぶ ほか

●2006. 2月 小劇場
『ガラスの動物園』
作=テネシー・ウィリアムズ 翻訳=小田島雄志 演出=イリーナ・ブルック
出演=木内みどり 中嶋朋子 木場勝巳 ほか

●2006. 3月 小劇場
子供のためのシェイクスピアカンパニー『十二夜』
作=ウィリアム・シェイクスピア(小田島雄志翻訳による) 脚本・演出=山崎清介

●2006. 4月 小劇場
シリーズ「われわれは、どこへいくのか」(1)
中国人劇作家による書き下ろし作品
作=過士行 演出=鵜山仁

●2006. 4〜5月 小劇場
シリーズ「われわれは、どこへいくのか」(2)
THE LOFT『マテリアル・ママ』
作・演出=岩松了

●2006. 5〜6月 中劇場
ブロードウェイ・ミュージカル『INTO THE WOODS』
作詞・作曲=スティーブン・ソンドハイム 台本=ジェイムズ・ラパイン 演出・振付=宮本亜門 翻訳=橋本邦彦
出演=諏訪マリー/小堺一機/高畑淳子/シルビア・グラブ/藤本隆宏/SAYAKA/吉岡小鼓音/広田勇二 ほか

●2006. 5〜6月 小劇場
シリーズ「われわれは、どこへいくのか」(3)
永井愛書き下ろし作品
作・演出=永井愛

●2006. 6〜7月 小劇場
シリーズ「われわれは、どこへいくのか」(4)
『東京裁判三部作・第三部』
作=井上ひさし 演出=栗山民也
出演=角野卓造/高橋克実/福本伸一/石田圭祐/犬塚弘/三田和代/藤谷美紀/熊谷真実/キムラ緑子