兵庫県立芸術文化センターが10月、西宮市にオープン - 2005年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 来る10月22日、兵庫県西宮市に舞台芸術専用のホール「兵庫県立芸術文化センター」がオープンする。このほど同センターの公式サイトで、こけら落としを兼ねた開館記念事業スケジュールが発表された。

 クラシックコンサートやオペラを中心としたラインナップで、来年2月3月まで開催する。演劇公演としては、10月にひょうご舞台芸術『芝居 ―朱鷺雄の城―』、11月に新国立劇場との共同制作となる大竹しのぶ主演『肝っ玉おっ母とその子供たち』など6作品を予定している。詳細は、公式サイトを参照。

 芸術監督には指揮者の佐渡裕を招く。地上6階、地下1階。オペラ・バレエなどを上演する2,000席の大ホール、演劇を中心にミュージカルや伝統芸能にも対応する800席の中ホール、室内楽に適した400席の小ホールの3つのホールからなる。現在は主催するオペラ公演の出演者の募集や、入会金・年会費が無料の「先行予約会員」を募るなど、精力的にPR活動を行っている。
公演データ
開館記念事業スケジュール(演劇)

●2005.10/29(土)〜11/3(木) 中ホール
ひょうご舞台芸術『芝居 −朱鷺雄の城−』
作=山崎正和 演出=鵜山仁 出演=辻萬長 ほか

●2005.11/15(火)〜20(日) 中ホール
新国立劇場共同制作公演『肝っ玉おっ母とその子供たち』
作=ブレヒト 演出=栗山民也 出演=大竹しのぶ ほか

●2005.12/6(火)〜11(日) 中ホール
ひょうご舞台芸術『パウダア ーおしろいー』
作=菱田信也 演出=宮田慶子 出演=いしのようこ/小市慢太郎 ほか

●2006.1/10(火)〜15(日) 中ホール
ひょうご舞台芸術第33回公演『獅子を飼う』
作=山崎正和 演出=栗山民也 出演=平幹二郎/坂東三津五郎 ほか

●2006.1/21(土)・22(日) 中ホール
音楽座ミュージカル『アストラル・ジャーニー』〜宮沢賢治「銀河鉄道の夜」より〜

●2006.1/28(土)〜2/3(金) 中ホール
兵庫県立ピッコロ劇団公演『KANADEHON忠臣蔵』
脚本=石川耕士 演出=加納幸和