坂東三津五郎が講師に 東京国立博物館「踊るサテュロス」展 - 2005年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 今月19日から東京国立博物館で開催される特別展「踊るサテュロス」の特別講座で、坂東三津五郎が講師を務めることがわかった。

 「踊るサテュロス」とは、1998年にイタリア南部シチリア島沖で奇跡的に発見された古代ギリシャのブロンズ像で、ギリシャ・ローマ神話に登場する森の精“サテュロス”が酒に酔い有頂天に舞い踊る姿を表現している。今回「愛・地球博」のイタリア・パビリオンでの出展に先立ち、特別に公開されることとなった。

 三津五郎は俳人の黛まどかとともに、今月26日に開催されるスペシャル・サロン「サテュロスに見る恋と踊りとうた」に出演する。日本の伝統芸能・文学の継承者である2人が、独自の視点から“サテュロス”について語るトークショーだ。詳細は、公式サイトを参照。