十朱幸代が大賞 第26回松尾芸能賞 - 2005年2月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 財団法人松尾芸能振興財団が主催する第26回松尾芸能賞が、22日に決まった。大賞は、『プワゾンの匂う女』や『あかね空』の演技を評価された十朱幸代が受賞した。また、優秀賞に『阿修羅のごとく』などに出演した中村メイコ、新人賞にスーパー歌舞伎『新・三国志III 完結篇』などでの演技を評価された市川段治郎、研修助成にシアターΧ名作劇場が選ばれた。授賞式は来月30日に東京全日空ホテルにて行われ、大賞には賞金100万円、優秀賞には同50万円、その他の賞には同30万円が贈られる。

 同賞は1980年に創設。日本の伝統ある劇場芸能を助成し、文化・芸能の保存、向上に寄与した人に贈られる。今回の全受賞者は下記のとおり。
各部門の受賞者・団体
■大賞
十朱幸代(俳優)

■優秀賞
中村メイコ(俳優)/鳥居名美野(箏曲)/橘芳慧(日本舞踊)/関根祥人(能楽師)

■新人賞
市川段治郎(歌舞伎俳優)/田中傳左衛門(歌舞伎囃子方)

■特別賞
大石昌美(ハーモニカ演奏)

■功労賞
田邊孝治(講談研究)

■研修助成
シアターX名作劇場