『お父さんの恋』公開舞台稽古 - 2005年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/左から星野真里、正子の幼なじみで医者・藪一平役の池田成志、菊池麻衣子、七瀬なつみ、前田吟
▲左から星野真里、正子の幼なじみで医者・藪一平役の池田成志、菊池麻衣子、七瀬なつみ、前田吟
写真/堺雅人 写真/正樹(前田)を散歩へ連れ出したさおり(星野)

▲堺雅人

▲正樹(前田)を散歩へ連れ出したさおり(星野)
 本日初日を迎える『お父さんの恋』の公開舞台稽古が昨日行われた。母親の七回忌に合わせ、実家に戻った、商社マンの妻で専業主婦の長女・正子(七瀬なつみ)、ネット通販会社社長の次女・美樹(菊池麻衣子)、定職につかずニート状態の長男・大樹(堺雅人)の3人。家には2年前に倒れ、寝たきりで口もきけない父・正樹(前田吟)と兄弟たちとは面識のない介護ヘルパー・深谷さおり(星野真里)がいた。さおりが「正樹さんと結婚させてください」と子供たちに宣言したことをきっかけに、それぞれの複雑な事情や葛藤が描き出されてゆく。東京公演は、今月27日まで。地方公演は30日の福岡を皮切りに全国7カ所で行われる。