中村七之助、四月大歌舞伎で夜の部のみ復帰へ - 2005年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 松竹は11日、「三月大歌舞伎」を休演している中村七之助の「四月大歌舞伎」での復帰を発表した。七之助が出演するのは夜の部の『十八代目中村勘三郎襲名披露 口上』と『籠釣瓶花街酔醒』のみ。昼の部の『ひらかな盛衰記』は休演する。なお、同演目で出演を予定していた梶原源太役は、兄の中村勘太郎が代役を務める。詳細は、公式サイトを参照。

 七之助は、1月に公務執行妨害で現行犯逮捕さたが、先月28日に東京地方検察庁から不起訴処分を受けていた。今回は親である勘三郎からの申し出もあり、昼の部のみの休演が決まった。