新国立劇場演劇研修所、初代所長に栗山民也 - 2005年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 新国立劇場は24日、来月に開所する演劇研修所の初代所長に栗山民也が決定したと発表した。任期は、来月1日から2008年3月末日までの3年間。栗山は同劇場の演劇芸術監督も務めており、同役職の任期の終わる来年6月までは兼任することとなる。

 同研修所は、次代の日本の舞台芸術を担う俳優の育成を目的に設立。2月末から今月初旬までに行われた選考試験で、男性8名、女性7名の計15名が第1期研修生に合格している。