梅田コマ劇場、千秋楽を迎える 梅田芸術劇場へ改称 - 2005年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 大阪・梅田コマ劇場が29日、同劇場名での最終公演を行った。千秋楽を飾ったのは、北島三郎の特別公演。来月からは梅田芸術劇場 メインホールと改称し、2日に宝塚OGが出演する『桜絵巻狸源氏』『ショー・イズ・オン』で再び幕を開ける。

 1956年11月に開場。92年9月に移転に合わせて一度閉鎖されたが、同年11月に劇場飛天と改名して再スタートを切った。2000年4月より梅田コマ劇場と改名して運営が続けられていたが、阪急電鉄がシアター・ドラマシティと併せて買収し、同劇場は梅田芸術劇場 メインホールとして再オープンすることが発表されていた。