『ミス・サイゴン』が大賞を受賞 第30回菊田一夫演劇賞 - 2005年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 東宝は本日、第30回菊田一夫演劇賞の受賞者を発表した。大賞には昨年8〜11月に帝国劇場で上演されたミュージカル『ミス・サイゴン』のスタッフ・出演者一同が選ばれた。また特別賞は、先月閉館となった芸術座での創作活動を評価された橋田壽賀子と石井ふく子が受賞した。

 授賞式は今月18日に東京會舘にて行われ、大賞には正賞の記念品と副賞100万円、演劇賞・特別賞には正賞のウオルサム高級時計と副賞50万円が贈られる。受賞者は下記のとおり。
受賞者一覧
■大賞
『ミス・サイゴン』スタッフ・出演者一同=『ミス・サイゴン』の高い舞台成果に対して

■演劇賞
段田安則=『おもろい女』の玉松一郎、『幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門』の三郎の役の演技に対して
大浦みずき=『ナイン』のリリアン・ラ・フルール、『NEVER GONNA DANCE』のメイベル・プリットの役の演技に対して
永吉京子=『細雪』のお春、『三婆』の花子の役の演技に対して

■特別賞
橋田壽賀子/石井ふく子=芸術座の歴史において一ジャンルを築き上げた優れた創作活動の成果に対して