舞台美術に贈られる2004年度伊藤熹朔賞が決定 - 2005年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 装置や衣裳など舞台美術で顕著な功績のあった人物に贈られる第32回伊藤熹朔賞(主催:日本舞台美術家協会)の受賞者が発表され、オペラ『インテルメッツォ』の装置を評価された大沢佐智子が受賞した。また新人賞には、PARCO劇場『GOOD』、新国立劇場『ヒトノカケラ』、世田谷パブリックシアター『見よ飛行機の高く飛べるを』の舞台装置を手がけた二村周作が選ばれた。

 同賞は同協会の初代会長・伊藤熹朔氏没後に、その友人らで結成された「熹朔の会」によって1967年に設立。74年から同協会が主催し現在に至っている。授賞式は今月25日に東京・六本木の俳優座劇場にて。全受賞者は、下記のとおり。
各賞の授賞者と受賞理由
■伊藤熹朔賞 年間最優秀舞台美術作品(装置、衣裳、メーキャップ等のデザイン)に対して授賞
大沢佐智子
オペラ『インテルメッツォ』(演出:鈴木敬介、上演団体:東京室内歌劇場)の装置に対して。

■新人賞 年間の活動で最も将来有望と思われる新人に授賞
二村周作
『GOOD』(演出:山田和也、上演団体:(株)パルコ)
『ヒトノカケラ』(演出:宮崎真子、上演団体:新国立劇場)
『見よ飛行機の高く飛べるを』(演出:アントワーヌ・コーベ、上演団体:世田谷パブリックシアター)
の装置に対して。

■奨励賞 制約の多い条件下での、地道な活動から生み出される優秀な作品に授賞
江頭良年
『SONEZAKI』(演出:佐藤浩希、上演団体:鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踏団)
『踊奏人』(演出:平多実千子、上演団体:平多正於舞踏研究所)
『ARTE Y SOLERA歓喜』(演出:佐藤浩希、上演団体:鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踏団)
の装置に対して。

■特別賞 舞台美術に対して、長年功績のあった技術者等に授賞
高須文七氏ご遺族、大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)
上方演芸の装置を数多く手がけた故・高須文七氏の貴重な道具帖や膨大な量のスケッチを大阪府に寄贈されたご遺族、またその作品を特別展「大阪コメディの出発点」において展示し、広く社会一般に公開した上方演芸資料館、両者の舞台美術への功績に対して。