劇団青年座が団体賞 第5回倉林誠一郎賞 - 2005年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 演劇の優れた制作活動やスタッフワーク、企画などに贈られる第5回倉林誠一郎記念賞が発表された。団体賞には、昨年創立50周年記念公演として、下北沢の5劇場で同時公演を行った劇団青年座が選ばれた。授賞式は来月17日に俳優座劇場で行われ、個人賞には50万円、団体賞には100万円の賞金が贈られる。今回の受賞者は、下記のとおり。
受賞者
■個人賞
木山潔(木山事務所)=長年にわたり演劇制作を続けた実績と昨年上演されたレパートリーシアター『この道はいつか来た道'04』の成果
佐藤哲夫(アトリエ・フォルム)=舞台美術でスチロールなどを使い、材質感を出す独特の手法で、劇的効果を高める作品を長年にわたり作り続けた成果

■団体賞
劇団青年座=創立以来、創作劇中心の上演姿勢と昨年度の創立50周年記念として5劇場同時公演を同一地域で行った意欲とその成果