松本幸四郎、白石加代子らが紫綬褒章受章 - 2005年4月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 政府は28日付で、2005年の春の褒章受章者を発表した。今回の受章者は837名と13団体で、うち女性は147名。各褒章の内訳は、人命救助に功績のあった人に贈られる紅綬褒章が2名、ボランティア活動に対して贈られる緑綬褒章が16名と13団体、長年一つの仕事に精励した人に贈られる黄綬褒章が291名、学術・芸術・スポーツ分野で功績があった人に贈られる紫綬褒章が29名、教育や福祉などで社会の利益に寄与した人を対象とする藍綬褒章が499名だった。

 舞台関係者では、歌舞伎俳優の松本幸四郎、女優の白石加代子、バレエダンサーの清水哲太郎が受章した。
芸術・文化分野のその他の褒章受章者
落語家・十代目柳家小三治(65)/作曲家・浜圭介(59)/グラフィックデザイナー・松永真(65)/漫画家・水島新司(66)/バイオリン演奏家・和波孝禧(60)/俳優・倍賞千恵子(63)/陶芸作家・五代伊藤赤水(63)/木工芸作家・村山明(61)/作家・塩野七生(67)/囲碁棋士・林海峯(62)