2005年トニー賞ノミネーション発表 - 2005年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 日本時間の5月10日夜、アメリカ演劇界における最高の栄誉とされるアントワネット・ペリー賞(通称トニー賞)のノミネーションが発表された。新作ミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』が、14コの最多ノミネートを記録。また、今年のピュリツァー賞に輝く新作プレイ『ダウト』が、作品賞、出演キャスト4名全員と演出賞など、計8コのノミネートを受けている。

 注目の宮本亜門演出版『太平洋序曲』は、ミュージカル部門の最優秀リバイバル賞のほか、ミュージカル部門の最優秀美術デザイン賞(松井るみ)、ミュージカル部門の最優秀衣裳デザイン賞(コシノジュンコ)、最優秀編曲賞(ジョナサン・チューニック)と、4部門で候補に。宮本自身はミュージカル演出賞枠の選外にもれた。

 作品賞・リバイバル賞の候補作品は以下の通り。授賞式は6月5日、俳優ヒュー・ジャックマン(『ボーイ・フロム・オズ』)を司会に迎えて、NYのラジオシティ・ミュージック・ホールにて行われる。
2005年トニー賞ノミネーションリスト(主要部門)
■ミュージカル部門
最優秀作品賞
『ペテン師とサギ師』
『ライト・イン・ザ・ピアッツァ』
『モンティ・パイソンのスパマロット』
『スペリング・ビー』

最優秀リバイバル賞
『ラ・カージュ・オ・フォール』
『太平洋序曲』
『スウィート・チャリティ』

■プレイ部門
最優秀作品賞
『デモクラシー』
『ダウト』
『海の宝石』
『ピローマン』

最優秀リバイバル賞
『ヴァージニア・ウルフなんてこわくない?』
『グレンギャリー・グレン・ロス』
『黄昏』
『十二人の怒れる男』