「スペイン国立バレエ団」公演期間と演目が変更 - 2005年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 8月にBunkamuraオーチャードホールにて上演される「スペイン国立バレエ団」公演の、公演期間と上演演目が変更されることになった。公演期間は8月24〜28日と、予定されていた9月3日までより約1週間短縮され、上演回数も12回から半数の6回となった。また演目は「アイレス・デ・ビジャ・イ・コルテ」と「ラ・レジェンダ」に変更。両作品とも日本初演となる。この変更について、Bunkamuraは「バレエ団及びスペイン文化省の強い要請により」と説明している。

 チケットの払い戻しは、来月末日までBunkamuraチケットセンターと郵送、各プレイガイドで受け付ける。詳細は、公式サイトを参照。