エキサイトが、チケット販売サービスを開始 - 2005年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 ポータルサイトのエキサイトが、今月6日よりプレイガイドとしてチケット販売サービス「エキサイトチケット」を開始した。ポータルサイト最大手のYahoo! JAPANでは、電子チケットぴあが扱うチケットを代理販売しているが、同社は興行主より直接仕入れる方式を採る。

 同社では、以前よりアーティストのインタビューやライブ中継、音楽ダウンロードや携帯向け着うたの配信など、エンターテインメント事業を積極的に展開してきた。今回の同サービスの導入により、従来のポータルサイトコンテンツと連動して、同事業におけるより一層の収益拡大を目指す。

 ジャンルは、音楽、映画、演劇、スポーツなど多角的に取り扱う。決済方法は、カード決済もしくは銀行振込の2種類から選ぶことができ、来年春にはコンビニ決済も開始する予定。チケットはヤマト運輸を使って発送され、発送状況はユーザーひとりひとりに割り当てられる専用ページ「MY PAGE」で確認することができる。

 チケットの券面は、主催者ごとにオリジナルのデザインが可能。アーティストの写真や画像、広告はもちろん、携帯電話のQRコードを印字するなどオプションを付加することで、チケットを通じてデジタルコンテンツ販売を行うこともできる。

 チケット購入方法としては一般発売のほか、先行抽選販売として「EXリザーブ」が実施される。ユーザーは第5希望まで申し込むことができ、抽選に外れた場合もキャンセル予約ができる。また、キャンセルチケットの再抽選販売も行われるなど、ユーザーのチケット購入の機会も比較的多く用意している。購入ユーザーには申し込みごとにポイントが発行され、e-バンクを通じて換金することができる。詳細は、公式サイトを参照。