キューブが演劇公演をブロードバンド配信 - 2005年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 演劇プロデュースや俳優のマネージメントなどを行う株式会社キューブが、来月中旬から演劇公演のインターネット配信サービス「cubit club theater」を開始する。

 ポニーキャニオン社と共同運営し、高画質と著作権保護を実現したストリーミング配信を実施。キューブホームページのほか、8月以降はBIGLOBE、AII、BBit-Japanなどのブロードバンド・ポータルサイトでも配信予定だ。

 ユーザーは同社の会員システム「cubit club」会員(入会金・会費無料)への登録と、ブロードバンド回線によるインターネット環境、「Windows Media Player9」以降が必要。料金は1演目につき420円程度で、購入日から1週間のみ視聴可能となっている。レンタルビデオと同等の価格設定で、若年層や地方在住の演劇ファンの獲得を狙う。

 オープン当初は、同社プロデュース公演や所属俳優の出演作品の配信を予定。主な作品として、『人間風車』、『ダブリンの鐘つきカビ人間』などの後藤ひろひと作・G2演出作品や、Studio Life公演がラインナップされている。