オペラ部門の次期芸術監督に若杉弘 新国立劇場 - 2005年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 財団法人新国立劇場運営財団は15日、同日の理事会の結果、オペラ部門の次期芸術監督に若杉弘が決定したと発表した。まずは、来月1日から2007年8月末日まで芸術参与を務め、同年9月1日に芸術監督に就任する。任期は、2010年8月末日までの3年間。

 東京芸術大学指揮科を卒業。ライン・ドイツ・オペラの音楽総監督のほか、ドレスデン国立歌劇場など海外のオペラハウスの指揮者を歴任した。現在は、NHK交響楽団正指揮者、滋賀県立芸術劇場(びわ湖ホール)芸術監督、東京室内歌劇場芸術監督を兼任している。