劇団四季の水島弘さん逝去 - 2005年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 劇団四季創立メンバーで俳優の水島弘さんが、今月19日、肺炎のため亡くなった。72歳だった。通夜・葬儀は親族のみで営まれたが、来月19日に自由劇場にて「故人を偲ぶ会(劇団葬)」を執り行なう。詳細は、公式サイトを参照。

 1932年9月11日生まれ、東京都出身。東京大学在学中の1953年に、同劇団の旗揚げに参加した。『アルデール又は聖女』『オンディーヌ』などストレートプレイから、『はだかの王様』『イエス・キリスト=スーパースター(現ジーザス・クライスト=スーパースター)』といったミュージカルまで、数々の重要な役を演じてきた。また、フランス劇作家のジャン・ジロドゥやジャン・アヌイ作品の翻訳も手掛けている。病気療養前の93年『オペラ座の怪人』が最後の舞台となった。