山本耕史・Nao主演『ラスト・ファイヴ・イヤーズ』公開舞台稽古 - 2005年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/ジェイミー(山本耕史・左)とキャサリン(Nao)

▲ジェイミー(山本耕史・左)とキャサリン(Nao)
写真/すれ違ってゆく2人 写真/インタビューに応じたNao(左)と山本

▲すれ違ってゆく2人

▲インタビューに応じたNao(左)と山本

山本耕史、Nao主演のミュージカル『ラスト・ファイヴ・イヤーズ』の公開舞台稽古が、プレビュー公演を目前に行われた。鈴木勝秀が演出を手がける本作は、ミュージカル『パレード』(99年)を手がけ、29歳という若さでトニー賞を受賞した作詞・作曲家ジェイソン・ロバート・ブラウンの日本初上演作品だ。一組の男女の愛を、男は女を愛した瞬間から彼女のもとを去るまで、女は男に去られた瞬間から彼と出会ったころまで、という全く逆の時間軸で斬新に歌いあげる。上演時間は休憩なしの約90分。若い男女のほとばしる感情が、14のナンバーを通じ、力強くつづられる。


若くに作家として成功するジェイミーを演じるのは『RENT』や『オケピ!』など、多数のミュージカル作品に出演する山本耕史。「メジャーではないけれど、かっこ良い作品なので、日本で上演するならぜひ出たいと思った。恋愛は誰もがするものなので、愛を描くこの作品はみんなに共感してもらえると思う」と意気込みを語った。また、ジェイミーの相手役で女優志望のキャシーを演じるのは、本作がミュージカル初出演となる歌手のNao。「毎日が発見、毎日が勉強」と新しい世界に挑戦することの喜びを、目を輝かせながら表現した。そんなNaoに山本も「良いエネルギーをもらっている」とうれしそう。若い2人の熱演に期待大だ。

7月4・5日のスフィアメックスでのプレビュー公演に続き、9日より21日までシアターXにて上演。その他、地方公演あり。

公演データ
【プレビュー公演】
2005.7/4(月)・5(火) スフィアメックス
・チケット発売中
・全席指定6,000円
・お問い合わせ=チケットスペース TEL.03-3234-9999

東京公演:シアターX(7/9〜21)

【広島公演】
2005.7/25(月)・26(火) NTTクレドホール
・全席指定7,000円
・お問い合わせ=TSSテレビ新広島事業部 TEL.082-253-1010

【東京公演】
2005.7/29(金) かめありリリオホール
・全席指定4,800円
・お問い合わせ=かめありリリオホール TEL.03-5680-3333

【仙台公演】
2005.8/1(月) 仙台電力ホール
・全席指定7,000円

【郡山公演】
2005.8/2(火) 郡山市民文化センター 中ホール
・全席指定7,000円
・お問い合わせ=ウェルパフォーミングアーツマネジメント TEL.022-771-1432

【横浜公演】
2005.8/4(木)・5(金) 横浜BLITZ
・チケット発売中
・全席指定6,500円
・お問い合わせ=チケットスペース TEL.03-3234-9999

【大阪公演】
2005.8/7(日) 梅田芸術劇場 メインホール
・全席指定S席6,500円/A席4,500円/B席3,500円
・お問い合わせ=梅田芸術劇場 TEL.06-6377-3800

【福岡公演】
2005.8/9(火)・10(水) ももちパレス
・全席指定6,500円、学生券3,000円
・お問い合わせ=ピクニック TEL.092-715-0374

パンフレット:A5版1,500円