大銀座落語祭2005 上方落語がやってきた! 記者会見 - 2005年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/上段左から林家正蔵、春風亭昇太、立川志の輔、柳家花緑、下段左から桂三枝、春風亭小朝、笑福亭鶴瓶

▲上段左から林家正蔵、春風亭昇太、立川志の輔、柳家花緑、下段左から桂三枝、春風亭小朝、笑福亭鶴瓶
写真/「大銀座落語祭をよろしく〜」銀座の街行く人にたこ焼きを配る7人 写真/太神楽も登場

▲「大銀座落語祭をよろしく〜」銀座の街行く人にたこ焼きを配る7人

▲太神楽も登場
 銀座が落語に染まる3日間「大銀座落語祭」が今年も登場! 春風亭小朝、春風亭昇太、林家正蔵、笑福亭鶴瓶、立川志の輔、柳家花緑によって結成された「六人の会」がプロデュースにする落語祭、今年は“上方落語がやってきた!”というサブタイトルからもわかるとおり、上方の噺家がさまざまな会に登場。東西の噺家が芸を競い合う。ということで、六人の会メンバーはもちろん、上方落語協会会長・桂三枝もかけつけ、人気落語家がずらっと並んだにぎやかな記者会見となった。
小朝
総勢57名の噺家が上方からいらっしゃるということで、東西の競演を楽しめる落語祭になりそうです。また、テレビで活躍する色モノの方たちが多く出演されるというのも今年の特色。お楽しみゲストもいますし、当日のお客様の熱気で普段以上に演者がヒートアップします!

昇太
落語ブームといわれ、注目を集めている時期ということで、タイミングはベスト。一人でも多くの人に落語の魅力を知っていただきたいと思っています。

正蔵
落語は初めてという方もたくさんいらっしゃるでしょうから、皆さんが落語好きになっていただきたいと思っています。

鶴瓶
こんなに早く東西が一体になる落語祭が実現するとは思っていなかったし、大阪の落語家も喜んでいます。個人的には関西と東京の落語家が集まる打ち上げが楽しみで、同時に心配。関西の落語家は酒入るとタチ悪いのがぎょうさんいますからね(笑)。

志の輔
個人的にドキドキ、ワクワクしています。それにしてもこんなに多くの落語家が入れる打ち上げ会場があるかどうかが不安ですね(笑)。

花緑
ベテランはもちろん、若手がいろんなチャレンジをしているというのも見どころです。自分もテンション高く3日間を過ごしたいです。

三枝
上方でもこれだけの落語家がそろう会はないので、本当にうれしい。大阪にはおもしろい落語家がいっぱいるということをアピールしたいですね。今の落語ブームをひっぱってきた6人に合体し、「荒野の七人」ならぬ「高座の七人」として頑張りたいですね。


最後に正蔵師匠「大銀座落語祭2005とかけまして、カリスマ美容師と解く。そのココロは…髪型(上方)が気になるでしょう」と、なぞかけでオチがついた。
公演データ
2005.7/16(土)〜18(月・祝) 中央会館、ガスホール、ヤマハホール、JUJIYAホール、ギンザ・コマツ アミュゼ、よみうりホール、博品館劇場

【キャスト】 春風亭小朝/笑福亭鶴瓶/林家正蔵/立川志の輔/春風亭昇太/柳家花緑 ほか

・お問い合わせ=大銀座落語祭実行委員会 事務局 TEL.050-5517-1815