第5回朝日舞台芸術賞、中間選考会の結果発表 - 2005年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 朝日新聞社主催の第5回朝日舞台芸術賞の中間選考会が先月14に同社で行われ、全国の関係者からのアンケート結果を参考に議論された結果、上期(1〜6月)の候補が選ばれた。下期(7〜12月)の候補は12月の選考会で選ばれ、両候補の中から受賞作などが決まる。詳細は、公式サイトを参照。
上期候補者・団体
■グランプリ 年間のベストステージ
こまつ座『円生と志ん生』
まつもと市民芸術館『コーカサスの白墨の輪』
Bunkamura『メディア』
Bunkamura『幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門』
『禁色』
新国立劇場バレエ団『カルメン』

■舞台芸術賞 優れた成果を上げた個人・団体
斎藤燐=『春、忍び難きを』の戯曲
鈴木聡=『妻と社長と九ちゃん』『最悪な人生のためのガイドブック』の戯曲
吉田日出子=『母アンナ・フィアリングとその子供たち』での演技
奈良岡朋子=『火山灰地』での演技
演劇集団 円=「次世代の作家シリーズ」3作の上演
文学座=『ぬけがら』の上演
田中泯=『赤光』『家族からからか』での演技

■寺山修司賞 清新な活躍を見せた個人・団体
尾上菊之助=『鳥辺山心中』『助六』での演技
松本祐子=『ぬけがら』での演出
井手茂太=『井手孤独 idesolo』での演技、『城』『ルル』での振付

■秋元松代賞 娯楽性と芸術性を兼ね備えた演劇成果
鈴木聡=『妻と社長と九ちゃん』『最悪な人生のためのガイドブック』の戯曲
角野卓造=『円生と志ん生』での演技
パルコ『なにわバタフライ』