ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』開幕 - 2005年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/“All That Jazz” ヴェルマ・ケリー役のブレンダ・ブラクストン(中央)

▲“All That Jazz” ヴェルマ・ケリー役のブレンダ・ブラクストン(中央)
写真/“All I Care About” ビリー・フリン役のオッバ・ババチュンデ(中央) 写真/“Roxie” ロキシー・ハート役のミッシェル・デジーン(中央)

▲“All I Care About” ビリー・フリン役のオッバ・ババチュンデ(中央)

▲“Roxie” ロキシー・ハート役のミッシェル・デジーン(中央)
 1999年、2003年に続き3度目の来日公演となる、ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』が、本日幕を開けた。同作品は75年に初演。『キャバレー』など数々の作品を世に送り出し、独特のダンス・スタイルを確立させたボブ・フォッシーが演出・振付を手掛け、同年のトニー賞11部門にノミネートされた。また、02年のゴールデン・グローブ賞や03年のアカデミー賞を賑わせた映画版でも有名な作品だ。今回来日したのは、ウォルター・ボビー演出、アン・ラインキング振付による、96年からブロードウェイで上演されたリバイバル版。同年のトニー賞6部門、98年のローレンス・オリヴィエ賞2部門などを受賞している。6月末までブロードウェイでヴェルマ役を務めていた、ブレンダ・ブラクストンが来日するのも注目の一つだ。来月4日に東京国際フォーラム ホールCの公演を終えた後、大阪・フェスティバルホールでも上演される。
公演データ
東京公演:東京国際フォーラム ホールC(8/11〜9/4)

【大阪公演】
2005.9/7(水)〜10(土) フェスティバルホール
・チケット発売中
・全席指定S席11,500円/A席9,500円/B席7,500円/C席5,500円、BOX席15,000円?
・お問い合わせ=キョードー大阪 TEL.06-6233-8888

パンフレット:A4版2,000円