『ダブリンの鐘つきカビ人間』製作発表会 - 2005年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
写真/1列目左から後藤ひろひと、片桐仁、中越典子、土屋アンナ、姜暢雄、2列目左から及川健、八十田勇一、山内圭哉、中山祐一朗、池田成志、3列目左から橋本さとし、トロイ、田尻茂一、山中崇、平田敦子、若松武史

▲1列目左から後藤ひろひと、片桐仁、中越典子、土屋アンナ、姜暢雄、2列目左から及川健、八十田勇一、山内圭哉、中山祐一朗、池田成志、3列目左から橋本さとし、トロイ、田尻茂一、山中崇、平田敦子、若松武史
写真/G2 写真/後藤ひろひと

▲G2

▲後藤ひろひと
 『ダブリンの鐘つきカビ人間』の製作発表が本日都内で行われ、脚本の後藤ひろひと、演出のG2とキャスト全員が顔を揃えた。再演となる今回は、カビ人間とおさえ、聡と真奈美の2組以外は2002年の初演と同じキャスティング。「基本的には初演をベースにして、台本も新たに加筆していただいた。前回からキャストを3人増やして、人数的にもグレードアップした形でやっていきたい」(G2)という。
 初演が好評だった理由について「(舞台となる)不思議な村に、観てくれた方が入り込みたいと思ってくれたとからだと思っています。色々な要素を含みつつ、色々な役者で、色々な演出でお見せしたい」と、まずは後藤ひろひとが挨拶。次にG2が「総合芸術としての舞台の要素が、いい感じでブレンドされている。それがビッグ・ウェーブとなって会場の客席に押し寄せるような、“感動”とか“笑い”とかでは言い表せない、凄いものが舞台上に広がってまして、演出家としてこれほど楽しい仕事はなかったし、やりがいのある作品」と初演を振り返りつつ、意気込みを語った。

 主人公のカビ人間を演じるのは、ラーメンズの片桐仁。「(普段はコンビで活動しているが)1人でこんなポジションに立つとは夢にも思いませんでした。ラストチャンスだと思って、一生懸命頑張りたいと思います」と緊張の面持ち。おさえ役の中越典子は「舞台は初めてになりますので、すごくドキドキしています。緊張をプラスにして、今までにない自分をこの舞台の中で感じられたら」。同じく初舞台で真奈美役の土屋アンナは、役作りについて「稽古しながら、演じる役の気持ちが分かっていき、自然とその役になると思う。演技ではなく、その人になります」とコメントした。

 「ナチュラル・ボーン・デフォルメみたいな人ばかり」(若松)と言わしめるほどの個性的なキャストが揃った同公演は、10月28日にル テアトル銀座で幕を開けたのち、11月末まで名古屋、大阪、福岡、広島、松本で上演を予定している。
公演データ
東京公演:ル テアトル銀座(10/28〜11/13)

【名古屋公演】
2005.11/15(火) 愛知厚生年金会館
・8/27(土)前売開始
・全席指定S席8,400円/A席7,350円
・お問い合わせ=キョードー東海 TEL.052-972-7466

【大阪公演】
2005.11/18(金)〜20(日) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
・8/27(土)前売開始
・全席指定S席8,400円/A席6,800円
・お問い合わせ=シアター・ドラマシティ TEL.06-6377-3888

【福岡公演】
2005.11/23(水・祝) メルパルクホールFUKUOKA
・9/3(土)前売開始
・全席指定S席8,400円/A席6,300円、学生券3,000円
・お問い合わせ=ピクニック TEL.092-715-0374

【広島公演】
2005.11/25(金) アステールプラザ 大ホール
・9/2(金)前売開始
・全席指定S席8,400円/A席6,800円
・お問い合わせ=広島テレビチケットセンター TEL.082-249-1218

【松本公演】
2005.11/27(日) 長野県松本文化会館
・9/3(土)前売開始
・全席指定S席8,400円/A席6,800円、学生券3,000円
・お問い合わせ=スーパーキャスト TEL.026-263-1000/SBC信越放送 TEL.026-259-2165