市川團十郎が半年間の休養へ - 2005年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 歌舞伎俳優の市川團十郎が、今月30日から来年2月までの半年間、休養をとることになった。来月26日まで全国で公演が予定されている「十一代目市川海老蔵襲名披露 松竹大歌舞伎」で上演される「お祭り」の鳶頭成吉役は市川海老蔵、11月に国立劇場 大劇場で上演される通し狂言「絵本太功記」の武智十兵衛光秀役は中村橋之助が、それぞれ代役を務める。

 昨年5月の歌舞伎座公演中に急性前骨髄球性白血病と診断され、休演。8月下旬に医学的に症状が完全に消滅した寛解の状態となり、10月の「十一代目市川海老蔵襲名披露パリ公演」で復帰を果たしていた。今月の定期検査の結果、再発の疑いが生じたため、休演することになった。