蜷川幸雄が埼玉県芸術文化振興財団の芸術監督に内定 - 2005年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 演出家の蜷川幸雄が、彩の国さいたま芸術劇場などを運営する財団法人埼玉県芸術文化振興財団の芸術監督に内定した。同財団の芸術監督は、今年3月に作曲家の諸井誠氏が退任後、空席となっていた。なお、就任時期などについては発表されていない。

 蜷川は埼玉県川口市出身。1998年から同劇場でシェイクスピア全作品上演計画である「彩の国シェイクスピア・シリーズ」を上演している。来年2月には、同シリーズの第15弾作品『間違いの喜劇』の上演が予定されている。