鳳蘭らが紫綬褒章を受章 秋の褒章発表 - 2005年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
 政府は2日付で、今年秋の褒章受章者を発表した。今回は827名と15団体が受章し、うち女性は117名だった。

 受章者の内訳は、人命救助に功績があった人に贈られる紅綬褒章が1名と1団体、ボランティア活動など社会奉仕活動に実績のあった人に贈られる緑綬褒章20名と14団体、長年にわたり一つの仕事に精励した人に贈られる黄綬褒章が304名、芸術・学術・スポーツ分野の功労者を対象にする紫綬褒章には19名、教育・医療・社会福祉等の分野で社会の利益に寄与した人物に贈られる藍綬褒章に483名が選ばれた。

 舞台関係者では、女優の鳳蘭と能楽師の浅見真州が紫綬褒章を受章した。
芸術・文化分野のその他の褒章受章者
作詞家・荒木とよひさ(62)/建築評論家・鈴木博之(60)/俳優・渡哲也(63)/作曲家・三木たかし(60)/彫刻家・山本正道(64)/漆芸作家・中野孝一(58)/截金作家・江里佐代子(60)